ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

あー、落ちてる落ちてる俺 2011-01-25-Tue

先日は、ちきりんさんの本のお話でしたが、
「ちきりんさん本を読んで~酔っぱらいと恋愛」→ http://hanahana26.blog52.fc2.com/blog-entry-236.html
今日はちきりんさんの本の帯でお薦めの言葉を提供していた堀江さんの本についてです。

『人生論』著者/堀江貴文(ちょっと古い本なので読まれた方は多いと思います)
IMG_6807_convert_20110124155047.jpg


私はホリエモンこと堀江貴文さんが正直あまり好きではありませんでした。

ツイッターで一度フォローしてみたんですが、発言は間違ってないのに、
なぜかいちいち感に障る。嫌いじゃないけど好きになれない。なのでフォローをするのを止めました。

しかし、ちきりんさんお薦め本に、この『人生論』があって、
ちきりんさんの簡素な紹介文がまた
『おもしろかった。みんなこういうのを読んでもっと自由になった方がいいと思う』的な軽い表現だったので、
とりあえず色眼鏡は外し、あまり深く考えず『文庫で安いし読んでみっか』みたいなノリで購入しました。

読んでみて、人間性はともかく、私はこの人を誤解していたのかも、
と読んで数ページで感じました。

なんと人に届く文章だろう、と素直に思ったんです。
本を書く=人に物事を伝える、という作業で大切なのは、
やはり『いかに届く文章が書けるか』だと思います。もちろん内容が一番大切なんですが。

更に、私を支え続けている『諸行無常』という言葉を、
私と同じくらい自分の原点にして考えている、という部分で好感が持てました。

先日紹介したちきりん感に通じるモノが多いんですが、

川を船で降りてる時突然滝が現れ、船ごと滝に落ちちゃった。
そんな時『苦しい、死んでしまうかもしれない』ってもがくんじゃなくて、
『川なんだから滝もあるよなー』とか『あー、落ちてる落ちてる俺』くらいな気持ちで
受け流した方が苦しくないなんじゃない?と堀江さんは言っています。
あの彼が言うんだから相当説得力がありますね。

ちょっと投げやりになって自暴自棄になっちゃうのは、
実はいいストレス発散方法だ、というのは、先日書いたちきりんでいう
『酒飲んで通常の半分くらいの思考しか使わずに、流れに身を任せる』
というのと似ています。

更に『流れに身を任す』というのは、世間の波に流されるのではなく、あくまでも自分だけの波のことです。

私は『ポジティブシンキング』って、今や死語に近いと思っています。
無理にポジティブに考えたり、何かを失わないために必死にしがみつくのは痛々しく、
逆に頑張り過ぎてヘトヘトに疲れはて、
鬱病になったり不のスパイラルに巻き込まれるだけなような気がします。

人はリセット機能もあるし、細かいことは忘れてしまう都合のよい生き物です。
しがみつかず、自分の流れとうまく付き合って、人生という娯楽を楽しみたいですね。

あ、そう言えば堀江さんは「農林水産業以外の仕事はみんな娯楽なんだ」
って書いてました(極論過ぎますが)。

因みに糸井さんは『ままごと』と表現していました。
itoi.jpg

ままごとでも結構。

仕事は娯楽。そう考えれば人生観も変わって、ちょっと楽に生きられるかもしれません。
糸井さんだって「たのしいぞー」と言っているではありませんか。

そうやって、この梅雨空のような時代を、
少しでも軽やかに愉快に生きていきたいものです。

つづく







CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

ソーシャルネットワーク 2011-01-24-Mon

*映画の感想ではありません。

先日、音楽関係の仕事仲間とライブに行ってきました。
その帰り久しぶりに飲もうよ、ということになり、大酒飲みである私たちは大いに飲みまくりました。
そのときTwitterの話題がでたのです。

彼はブログは書いているのにmixやフェイスブック、ツイッター等を毛嫌いしていました。
なのに自分から「ツイッターってどうなの?」と聞いてきたのです。

(お!自分から興味を示してくれたなら、私の伝え方次第では始めるかもしれないぞ)

`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)


【短所】
*知らない人にフォローされたり、急に会話に入ってこられたら気持ち悪い(ツイッター)
*閉鎖的で人間関係がめんどくさい(mix)
*コチャゴチャなレイアウトで良く分からない。そもそもmixがあるから必要ない(フェイスブック)

いろいろと問題点をあげながら、良い点(特にツイッター)も伝えようと頑張りました。

【長所】
*まず、今飲んでるこのステキなお店はツイッターで知った。
*興味のある人を誰でもフォローすることができる。
*逆に面倒な人からフォローされたり、いやなコメントが来たらブロックできる。
*同じ趣味趣向の人と簡単な情報交換ができる。
*(お互いちょっとした社交性があれば)年齢、職種、住んでいる場所など関係なく様々な人と知り合う事ができる。
*人と繋がるのが面倒なら流し読みしてるだけでも「今」の流れが分かる。
*せっかくブログを更新しているならTwitterやFacebookを使ってどんどん広めた方が楽しい。
*こんなにいろいろ使えるのにタダである。

tw.jpg


仕事が定着てしてくると仕事関係か今までの友人くらいしか関わる人がいなくなる。
もうクラス替えもバイトもない。新しい世界と出会える確立は異常に低い。
別に今まで築いた人間関係を粗末にしているわけでもなんでもなく、
世の中にはまだまだ知らない人がたくさんいるんだから、
更に新しい人間関係ができるかもしれないじゃないか!そしたら楽しいじゃないか!

しかし、彼は言いました。「そういうの嫌い。絶対やんない」

ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ

私はその瞬間スキューバーダイビングを始めた時の事を思い出しました。
私は海水浴をしている時、足がつかないと分かっただけで溺れそうになるくらい「海の底」が嫌いでした。
しかし、当時うちの会社の半数の人々はダイビングが大好きで、
GWは海外、夏は沖縄、とみんな潜りまくっていました。
当然私も誘われるのですが、何しろ足がつかないだけで動揺するくらいですからずーっと断っていました。

しかし、なぜかある日突然「やってみようかな」という気分になり、
気が変わらないうちにと速攻で伊豆へ体験ダイビングに行ったのです。

因みに連れていってくれたのは、その「Twitterなんて嫌だ!」と言っていた友人です。

気がつくと私は罰ゲームのような重たい機材をつけて水深5Mくらいの海面に浮いていました。
「このマウスピースみたいなヤツがうっかり外れたら死ぬんだ」私は本気でおびえていました。
なので「はい、潜行しますよ~」というインストラクターさんに何度も
「ちょ、ちょっとまって下さい」とお願いしました。
しかし、なかなか潜る決心がつかない私に愛想を尽かしたイントラさんは
私の腕を掴みながら無理矢理潜行し始めたのです。

「死ぬ。終わりだ」

と思った瞬間、自分の上空を綺麗な青い魚が泳いでいるのが見えました。
私はマウスピースみたいなヤツが外れてしまうかもしれない恐怖も忘れ
加えたままの状態で「うぉーーーーどぅごーい!ぎれー!ダーダー!」とか言っていました。

その後、海の中を散歩して地上に戻った瞬間、聞かれてもいないのに
「やります。講習を受けさせて下さい」とお願いしていました。

それからと言うもの機材も一式揃え、会社の仲間が行くダイビングにはすべてついていき
それでも足りないときは日帰りで伊豆に通ったりしました。

伊豆でお世話になっている伊豆海ダイビングリゾートのイズミさんとカメちゃん。
http://www12.ocn.ne.jp/~izumi-dr/
izumi.jpg

(ヤバい、また長くなってしまった。。。。)

つまり何が言いたいかというと、どんなに口で説明しても結局は

「自分でやってみなければ分からない」

というとてもシンプルな事が言いたかったわけです。

だからもう皆に薦めるのはやめました。やりたい時がきたらやればいいんです。

つづく`∀´)

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

ちきりんさん本を読んで~酔っぱらいと恋愛 2011-01-23-Sun

昨日からまたブログを再開したのでさっそく今日も書いちゃいます。

先日ツイッターでフォローしている「ちきりん」さんの本を購入しました。
ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

IMG_5249.jpg


ちきりんの日記→http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/

ちきりんさんのブログはそんなに定期的に読んでるわけでもなく、
たまたまツイッターで更新しました~とつぶやかれた時だけしか読んでいないので
本が出た時も「ブログをまとめてるだけなら買う必要ないかなー」と思っていたんですが
以下の「はじめに」の部分を立ち読みして、即購入することにしました。

はじめに~からの抜粋

今まではすべての人がよりどころに出来る「幸せの型」があったかもしれません。
滅私奉公型で働く夫と家事と子育てに専念する専業主婦、もしくは家族一丸となって
商売に邁進する自営業家族、といったスタイルが、まっとうな生き方の例として確立されていました。
高度経済成長の時代は、周りの人と同じことを「頑張って」やっていれば経済的にも報われてきたのです。

しかし今の時代は、頑張れば報われるとは言いがたいものです。それよりも、
自分にとって「好き」「楽しい」「ラク」を貫くほうが何ごともうまくいくんじゃないか、
とちきりんは考えています(抜粋し過ぎ)


更に魅力的だったのはこの「目次」です。
a3jgrm.jpg

サイコーじゃないですか!

「世界第二位の経済大国である日本」にしがみつく日本人。
「他の国の人より全体的に諦めるのが遅い日本人」。。。目から鱗でした。

諦めるのが遅すぎて凄い負け方をしてしまった日本人を描いた映画
「日本のいちばん長い日」
*名作です。興味ある方は原作から読むことをお薦めします。
1ban.jpg

更に酒飲みの自分にとっては、「客観的な視点は気にせず、時には
『酔っぱらってるせいか、よくわからないよね』という
判断力を半分くらいだけ稼働させたような状態で好きに生きていけばよい」

というくだりは、嬉しくて涙を流しそうになったほどです。

もちろん人生にはちゃんと考えなくちゃいけない瞬間もありますが
ちきりんが言うように、時には「考えずに流す」のは大事なことなのだ!
「思考停止はよくない」とか「俺は逃げているのでは?」とか自分を追いつめるだけなのだ!

ということで、いろいろゆる~い気持ちに浸りながら買ったその日に読了しました。

皆さんもちきりんお薦めの
*ちょっとだけ酔ってるくらいの思考力
*恋してる時に特徴的な、自分中心にねじ曲げられた世界観

を持ってこの世知辛い世の中を自分基準で生きていこうではありませんか。

その上で頑張りたい時は思いっきり頑張ればいいのです。

ということで抜粋だらけの日記でした。

つづく。




CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

ブログを再開しまーす 2011-01-23-Sun

もう何年も(大袈裟)ブログをサボっていました。
数年前までは本や映画の感想やサッカー等、興味があるもの、楽しかった事などを
定期的、とまではいきませんがよく書き留めていたんですが、
mixに登録してからはずっとそちらで内輪な日記を書く程度になってしまいました。
そのうち会社で「内輪な話はmixでも書いちゃダメ」みたいなお達しがあり
なんだか個人的に何かを発信する事は悪いこと、くらいに思えてきて
どんどんネットから遠ざかっていきました。
なんていうんですかね。ネットに自分の意見を書き込むことはカッコ悪いこと、
声の大きなうるさい人、みたいな気がしてきたんですね。

しかし、去年の春頃Twitterを初めてからまたネットがおもしろくなってきて
今では「お腹空いた」とか「酒飲みたい」とか、どうでもいい事までつぶやくようになりました。

Twitterはmixと違って誰でも入れるし、誰をフォローしても、逆に誰にフォローされてもいい。
常識さえあれば知らない人ともちょっとした情報交換が出来るし、
そのうち「ああ、今仕事終わったんだ」とか「あ~体調悪そうだな」とか
会ったこともない人に親近感さえ湧いてしまうようになり、
今では私にとって欠かせないコミニュケーションツールになりました。

Twitterをやって一番大きかったのは近所に行きつけのBarが出来たことです。
BarRenaHorne http://30min.jp/place/28992 (HPは作成中とのこと)

当時私は引っ越してきたばかりで、
最寄り駅の白金台は夜になると東急ストアくらいしか開いてないので
「つまんない街だなー」と思っていたんですが、ある日ツイッターを開けると
「ん?知らない人にフォローされたな。あれ?もしかして近所のお店?」
地図を確認したらもの凄く近いBarで、犬の散歩ついでに探しに行きお店を発見しました。
その後ツイッターでマスターと2~3回会話をして、すぐにそのお店に行ってみました。

これが大正解でした。

マスターはまだ30代前半の若い方なんですがとてもしっかりしていて
お客さんも20代から60代と幅広く、場所柄なのでしょうか、仕事帰りに一杯、というより
「家に帰る前の最後の一杯」的な人が多く、ご近所さんともたくさん知り合いになれました。

目黒駅も近いので、引っ越して初めて目黒駅のお祭りを見た時
「いーなー私も御神輿担ぎたいなー」と思っていたんですが、
Barの常連さんに町内会のオジさんがいて、去年の秋は遂に神輿デビューも果たしました。
5830178_641321583_75large-2.jpg

(なんだか長くなってきたぞ。そろそろ話をまとめなくては)

という事で自分の中でTwitterが支流になってきて、そうなると閉鎖的なmixを当然やらなくなるわけですが、
さすがに140文字で何かを発信するのに無理があるなーと思っていたころ、この方のブログを発見しました。

「わかったブログ」ソーシャル時代において「ブログ」の重要性がさらに増す理由
http://www.wakatta-blog.com/2011.html

別に「ブロガーになりたい!」とか思ってるわけではないんですが、
このブログを読んで「ツイッターとブログは相性が合うんだ」と思ったんですね。
更にはブログを書いて発信する、インプットだけではなくアウトプットも充実させる、という事は
もっともっと自分という人間を再確認でき、更には成長出来るような気がしたんです。

(ダメだ!なかなか終わらないぞ!)

という事で、さすがに毎日、とは行きませんがまたちょっとブログを再開しようかな、と思っています。
なーんて言いながらこの一回で終わってしまうかもしれませんが。

文才もなくもヘタっピーですが、書いてるうちに読んでる人も(書いてる自分も)
楽しめる文章がかけるかもしれない。
とりあえず、ウダウダせずに始めてしまおう、という事で。

長くなってしまいました。こんなペッタンコですが、よろしくお願いしまっす!


つづく

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

子供の頃の一日はなぜあんなに長かったのか? 2010-04-20-Tue

子供の頃の一日はなぜあんなに長かったのか?
年を取れば取るほど時間の流れが早く感じるのはどうして?

大好きなホイチョイブレーン・指南役さんの本「時間マニュアル」に答えがありました。
time.jpg

「事件の多い歳月は、風に吹き飛ばされてしまうような貧弱で空虚で重みのない歳月よりも、はるかにゆっくりと経過するものなのである」ノーベル文学賞を受賞したトーマス・マン「魔の山」より

ここで言う「事件」とは「非日常的体験」のことで
初めて体験する出来事が多いと、時間はゆっくり経過する、
というのが彼の主張だそう。

確かに子供の頃は毎日が「初体験」の連続だった。
初めてのクラス替え、初めての怪談、初めてのキャンプファイヤー、初めての修学旅行。
でもそれは年をとるにつれ、二度、三度と経験していき
そのうち「非日常」ではなくなる。
気がつくと、さして変化もないルーティンワークの中にいる。

分かりやすい例を上げると旅行もその一つ。
東京から大阪行きの新幹線に乗って、
行きは「まだ着かないなー」とすごく長く感じたのに
帰りはあっという間、という経験はみんなありますよね。

要するに2度同じ体験をすると、2度目は時間が早く感じるようになる。
もし、行きも帰りも充実したい旅にするなら、行きと帰りのルートを変えるのがいいんだとか。
多分とっても疲れると思うんですけど。。。。

とにかく、私は「年を取ると時間の流れが早くなる理由」を「きっと毎日忙しく働いてるからあっという間に感じるんだ」と思っていたんたけど、もしかしたらそういうことじゃなかったかも。。。毎日同じ会社に通い、たまにクライアントさんの会社でミーティングをしたり、編集室に籠ってラフの手直しを繰り返し、スタジオで仕上げ、仕事が終われば同じ店で飲んで、休日は昼は犬の散歩と掃除洗濯。夜はご飯作って、ちょっとネットを覗いて本を読んだらもう12時、これがグルグル回ってるだけ(私の場合です)

でも、逆に「非日常的体験」をすれば時間が長く感じるなら仕事にそれを取り入れるのもいいかもよ、と指南役さんは言っている。
よく「忙しい時の方が仕事がはかどる」って言いませんか?
まさにこれが、この時間の性質を利用したものなんだそうです。
いろいろ新しい事態に挑戦していると時間がゆっくり進む。
3時間が6時間に感じたりする。その「増えた」と感じている時間で
余計な仕事も出来てたりするんだそうです。

つまり忙しい方が仕事が捗るのは「事件」の連続で時間が延びるから。
まぁ、あまりにも事件続きだとさすがにヘトヘトになりますが。。

ということで私はこの初体験と時間の関係、結構納得しちゃいました。

とは言え、そう簡単に事件(非日常的体験又は初体験)なんか起こらないのが日常というもの。
だったら、帰り道のルートを変えてみる、とか、
いつも行くラーメン屋をスルーして新規開拓してみる、とか
旅行はちょっと無理。。。という場合はまだ行ったことのない友人の家を尋ねてみるとか。

ということで、連休高校時代の友人のお家に遊びに行こうかなーと思ってます。
そこでマツゲも付けてもらってー、ネイルしてもらってー、手作り料理食べてー、
友人の子供たちとケンケンと多摩川沿いを散歩してー。。。

これ、全部「非日常的体験」ですよね。

仕事上の事件以外で充実した時間を体感できる方法。それは非日常体験。
つまり初体験をどんどんすること。
考えれば他にもやってみたいこと、行ってみたい場所なんてたくさんある。

とりあえず、簡単なものからどんどん手を出して、
自分のタイムラインを活性化していきたいと思うのでした。



CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 前のページ | ホーム | 次のページ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。