ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

続・走っています~がーん!レベル8 2011-01-28-Fri

前回までのお話→http://hanahana26.blog52.fc2.com/blog-entry-239.html


そう。悲劇が起きたのです。
会社から帰ってウエアに着替え、激寒の夜の街をケンケンと4Km走ってマンションに戻ると

がーん!鍵がない!


私は鍵を入れた筈のポケットを狂ったように何度もまさぐりまくりました。
そして見つけたのです。穴を。

先週買ったばかりの新品ウエア。まさかポケットに穴など空く筈がない。
しかしポケットだけアミアミのメッシュ素材だったため
多分走っているうちに鍵がメッシュをつんつんして破れてしまったのでしょう。
164594_139993429395274_100001538536429_228960_8093434_a.jpg

私は愕然としながらも無意識にツイートをしていました。

がーん!レベル8【ジョギング中に鍵を落としました】

そして少しづつ現実を受け入れ始め
「そうだ!アイフォンで音楽を聴いていたんだから電話できるじゃないか!」
(そもそもツイートをしていたんだからそこで気がつけばいいんですが)
と気づき、速攻管理会社に連絡をしました。しかし

「賃貸ではないので鍵を管理していません。鍵屋さんの番号を言いますのでそこに電話してください」

しかし、電話番号を聞いてもどうやってメモをしていいのか分からず暗記しようとしました。

0354325231


これが全然覚えられなくて何度も管理会社に電話して番号を聞きました。
最後は上4桁を暗記しアイフォンのメモに書き留め、
また電話して下四桁を暗記しメモに書き留め、
やっと鍵屋さんと電話が繋がりました。

鍵屋さんは言いました。

「到着まで40分くらいかかります」

がーん!がーん!がーん!

更には「この共有玄関はどうやって開けるんですか?」と尋ねると
「同じマンションの人が帰ってくるまで根気よく待っていて下さい」と言われました。

1月20日は大寒で一年で一番寒い日です。
犬がいるとはいえ、こんな寒い夜に何もしないで誰かが帰ってくるのを待っているのは無理がありました。
死にそうになりました。もうフランダースの犬状態です。
しかし、そこで助けられたのです。ツイッターに。
悲劇の日 1月20日(木)のtwilog → http://twilog.org/pettankoful/date-110120


寒さに耐えながらも折れずに長時間待てたのは、みんなと会話をしていたおかげでした。
(コメントをくれた方々、本当にありがとうございました)

しばらくして若い女性が帰ってきたので、一緒に共有玄関から入り
ケンケンと「おすわり」とか「ふせ」とか「まて」という陳腐な練習を繰り返しました。
やがて劇団ひとり似の鍵屋さんが七つ道具のような物をもって現れました。

劇団ひとりは家のドアの鍵を見るなり「これは鍵穴から開けることができない鍵です」
と言い、覗き穴から直角に曲がった棒を差し込み、
中のつまみを解除するという、なかなか凄いことをし始めました。
しかし、なかなか空きません。家は外階段で高速に面しているので風が強く、
仕方がないのでケンケンと非常階段を上り下りする、という運動を繰り返しました。
劇団ひとりが格闘すること約15分(30分くらいに感じました)やっと鍵が空きました。

この事件の被害総額15750円(税込み)

しかし、これに懲りることなく、その後も元気にケンケンと走り続けています。
週末も一緒に走ろうね!ケンケン!
IMG_0073.jpg


つづく`∀´)

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

走っています。 2011-01-26-Wed

ジョギングを再開しました。
ジョギング、というとカッコいいんですが、ふとガラス窓に写る自分をみると
走っているというよりは、弾みながら歩いている、という感じです。

2年前、四ツ谷に住んでいるときはよく皇居を弾みながら歩いていました。
信号もなく景色もいいので最高のコースでした。
dsc02155.jpg

しかし春になると異常な花粉が舞い、夏になると溶けてしまいそうだったので、
そのうち千駄ヶ谷にある体育館に通い始めました。

東京体育館 - TIPNESS
(トレーニングルーム、2時間で450円です。安くて綺麗で最高です)
http://corp.tipness.co.jp/co/gym.html


しかし、上大崎に越してきてからすっかり走ることをやめてしまいました。
一番の理由はめんどくさかったからです。

初めてマンション購入という大きなプレッシャーを体験をし、
ケンケンという愛犬まで飼って新たな責任感まで生まれてしまったので
そこまでパワーが湧き出てきませんでした。

「犬の散歩がジョギングのかわりなのだ」と自分を騙し続けました。

しかし、カラダというものは正直なのでどんどん膨張していきます。
膨張率が一番上がったのが今年のお正月です。
実家で殆どどこへも出かけず、
昼起きてお雑煮を食べ酒を飲んで寝る、を永遠繰り返していました。
遂に3年間無事だったGパンの上にお腹がのっかり始めました。ヽ(`Д´)ノ

しかし外は寒い。とっても寒い。だから無理だ。

とまた自分を騙し、休日も部屋でゴロゴロ回っていました。

そんな時、寝っころがってツイッターを見ていたら
最近知り合った女子2名の「駒沢公園を走っている」というつぶやきを発見しました。

なぜか「ザワザワ」と自分のなかで音がしました。

よくTLを見ると「ちょっとこれから走ってきます!」とか「雪が降ってて走れないよー」とか
「めざせフルマラソン!」とか、中にはホノルルマラソンまで走ってる知り合いもいたりして
意外とジョギングをしている人が多い事に気がつきました。
本当は前からそういう呟きはTLに流れていた筈なんですが、見たくないものは見えません。
しかし、それが突然見えるようになったのです。

私は気が変わらないうちに急いでランニングセット一式を買いに行きました。
買ってすぐに家に帰り、ストレッチもしないでケンケンと走り始めました。
36271_138691522858798_100001538536429_221509_8020142_a.jpg

4km走っただけでボロボロになり、翌日は酷い筋肉痛で
ヨロヨロと会社を歩いていると「おばあちゃんみたいですよ」と同僚が不憫そうに言いました。

しかし!ここで止めて、数週間後に再開、
なんて事になってしまうとまた筋肉痛になってしまいます。
それからは平日も早く帰れる日はなるべく走るように心がけました。

しかし!そこで悲劇が起きたのです。

つづくヽ(`Д´)ノ

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

ソーシャルネットワーク 2011-01-24-Mon

*映画の感想ではありません。

先日、音楽関係の仕事仲間とライブに行ってきました。
その帰り久しぶりに飲もうよ、ということになり、大酒飲みである私たちは大いに飲みまくりました。
そのときTwitterの話題がでたのです。

彼はブログは書いているのにmixやフェイスブック、ツイッター等を毛嫌いしていました。
なのに自分から「ツイッターってどうなの?」と聞いてきたのです。

(お!自分から興味を示してくれたなら、私の伝え方次第では始めるかもしれないぞ)

`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)`∀´)


【短所】
*知らない人にフォローされたり、急に会話に入ってこられたら気持ち悪い(ツイッター)
*閉鎖的で人間関係がめんどくさい(mix)
*コチャゴチャなレイアウトで良く分からない。そもそもmixがあるから必要ない(フェイスブック)

いろいろと問題点をあげながら、良い点(特にツイッター)も伝えようと頑張りました。

【長所】
*まず、今飲んでるこのステキなお店はツイッターで知った。
*興味のある人を誰でもフォローすることができる。
*逆に面倒な人からフォローされたり、いやなコメントが来たらブロックできる。
*同じ趣味趣向の人と簡単な情報交換ができる。
*(お互いちょっとした社交性があれば)年齢、職種、住んでいる場所など関係なく様々な人と知り合う事ができる。
*人と繋がるのが面倒なら流し読みしてるだけでも「今」の流れが分かる。
*せっかくブログを更新しているならTwitterやFacebookを使ってどんどん広めた方が楽しい。
*こんなにいろいろ使えるのにタダである。

tw.jpg


仕事が定着てしてくると仕事関係か今までの友人くらいしか関わる人がいなくなる。
もうクラス替えもバイトもない。新しい世界と出会える確立は異常に低い。
別に今まで築いた人間関係を粗末にしているわけでもなんでもなく、
世の中にはまだまだ知らない人がたくさんいるんだから、
更に新しい人間関係ができるかもしれないじゃないか!そしたら楽しいじゃないか!

しかし、彼は言いました。「そういうの嫌い。絶対やんない」

ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ

私はその瞬間スキューバーダイビングを始めた時の事を思い出しました。
私は海水浴をしている時、足がつかないと分かっただけで溺れそうになるくらい「海の底」が嫌いでした。
しかし、当時うちの会社の半数の人々はダイビングが大好きで、
GWは海外、夏は沖縄、とみんな潜りまくっていました。
当然私も誘われるのですが、何しろ足がつかないだけで動揺するくらいですからずーっと断っていました。

しかし、なぜかある日突然「やってみようかな」という気分になり、
気が変わらないうちにと速攻で伊豆へ体験ダイビングに行ったのです。

因みに連れていってくれたのは、その「Twitterなんて嫌だ!」と言っていた友人です。

気がつくと私は罰ゲームのような重たい機材をつけて水深5Mくらいの海面に浮いていました。
「このマウスピースみたいなヤツがうっかり外れたら死ぬんだ」私は本気でおびえていました。
なので「はい、潜行しますよ~」というインストラクターさんに何度も
「ちょ、ちょっとまって下さい」とお願いしました。
しかし、なかなか潜る決心がつかない私に愛想を尽かしたイントラさんは
私の腕を掴みながら無理矢理潜行し始めたのです。

「死ぬ。終わりだ」

と思った瞬間、自分の上空を綺麗な青い魚が泳いでいるのが見えました。
私はマウスピースみたいなヤツが外れてしまうかもしれない恐怖も忘れ
加えたままの状態で「うぉーーーーどぅごーい!ぎれー!ダーダー!」とか言っていました。

その後、海の中を散歩して地上に戻った瞬間、聞かれてもいないのに
「やります。講習を受けさせて下さい」とお願いしていました。

それからと言うもの機材も一式揃え、会社の仲間が行くダイビングにはすべてついていき
それでも足りないときは日帰りで伊豆に通ったりしました。

伊豆でお世話になっている伊豆海ダイビングリゾートのイズミさんとカメちゃん。
http://www12.ocn.ne.jp/~izumi-dr/
izumi.jpg

(ヤバい、また長くなってしまった。。。。)

つまり何が言いたいかというと、どんなに口で説明しても結局は

「自分でやってみなければ分からない」

というとてもシンプルな事が言いたかったわけです。

だからもう皆に薦めるのはやめました。やりたい時がきたらやればいいんです。

つづく`∀´)

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

ブログを再開しまーす 2011-01-23-Sun

もう何年も(大袈裟)ブログをサボっていました。
数年前までは本や映画の感想やサッカー等、興味があるもの、楽しかった事などを
定期的、とまではいきませんがよく書き留めていたんですが、
mixに登録してからはずっとそちらで内輪な日記を書く程度になってしまいました。
そのうち会社で「内輪な話はmixでも書いちゃダメ」みたいなお達しがあり
なんだか個人的に何かを発信する事は悪いこと、くらいに思えてきて
どんどんネットから遠ざかっていきました。
なんていうんですかね。ネットに自分の意見を書き込むことはカッコ悪いこと、
声の大きなうるさい人、みたいな気がしてきたんですね。

しかし、去年の春頃Twitterを初めてからまたネットがおもしろくなってきて
今では「お腹空いた」とか「酒飲みたい」とか、どうでもいい事までつぶやくようになりました。

Twitterはmixと違って誰でも入れるし、誰をフォローしても、逆に誰にフォローされてもいい。
常識さえあれば知らない人ともちょっとした情報交換が出来るし、
そのうち「ああ、今仕事終わったんだ」とか「あ~体調悪そうだな」とか
会ったこともない人に親近感さえ湧いてしまうようになり、
今では私にとって欠かせないコミニュケーションツールになりました。

Twitterをやって一番大きかったのは近所に行きつけのBarが出来たことです。
BarRenaHorne http://30min.jp/place/28992 (HPは作成中とのこと)

当時私は引っ越してきたばかりで、
最寄り駅の白金台は夜になると東急ストアくらいしか開いてないので
「つまんない街だなー」と思っていたんですが、ある日ツイッターを開けると
「ん?知らない人にフォローされたな。あれ?もしかして近所のお店?」
地図を確認したらもの凄く近いBarで、犬の散歩ついでに探しに行きお店を発見しました。
その後ツイッターでマスターと2~3回会話をして、すぐにそのお店に行ってみました。

これが大正解でした。

マスターはまだ30代前半の若い方なんですがとてもしっかりしていて
お客さんも20代から60代と幅広く、場所柄なのでしょうか、仕事帰りに一杯、というより
「家に帰る前の最後の一杯」的な人が多く、ご近所さんともたくさん知り合いになれました。

目黒駅も近いので、引っ越して初めて目黒駅のお祭りを見た時
「いーなー私も御神輿担ぎたいなー」と思っていたんですが、
Barの常連さんに町内会のオジさんがいて、去年の秋は遂に神輿デビューも果たしました。
5830178_641321583_75large-2.jpg

(なんだか長くなってきたぞ。そろそろ話をまとめなくては)

という事で自分の中でTwitterが支流になってきて、そうなると閉鎖的なmixを当然やらなくなるわけですが、
さすがに140文字で何かを発信するのに無理があるなーと思っていたころ、この方のブログを発見しました。

「わかったブログ」ソーシャル時代において「ブログ」の重要性がさらに増す理由
http://www.wakatta-blog.com/2011.html

別に「ブロガーになりたい!」とか思ってるわけではないんですが、
このブログを読んで「ツイッターとブログは相性が合うんだ」と思ったんですね。
更にはブログを書いて発信する、インプットだけではなくアウトプットも充実させる、という事は
もっともっと自分という人間を再確認でき、更には成長出来るような気がしたんです。

(ダメだ!なかなか終わらないぞ!)

という事で、さすがに毎日、とは行きませんがまたちょっとブログを再開しようかな、と思っています。
なーんて言いながらこの一回で終わってしまうかもしれませんが。

文才もなくもヘタっピーですが、書いてるうちに読んでる人も(書いてる自分も)
楽しめる文章がかけるかもしれない。
とりあえず、ウダウダせずに始めてしまおう、という事で。

長くなってしまいました。こんなペッタンコですが、よろしくお願いしまっす!


つづく

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

おもしろいサイトいろいろ 2010-03-13-Sat

今日はTwitterで見つけたおもしろいネタを3つ。


*とってもかわいい
「My Milk Toof」
続きはこちらから↓
http://mymilktoof.blogspot.com/
4349277890_d0a8450f69.jpg



*アイデアを食べる
「世界中のマクドナルドからセンスを感じる写真32枚を紹介」
続きはこちらから↓
http://www.photo-kikaku.com/image/mcdonalds32pics.html
mac_4.jpg


*なんか笑った
「プーチン、プーチン。気さくな首相に皆でイヨーッって挨拶しようぜ!!」
続きはこちらから↓
http://seiroganmania.blog62.fc2.com/blog-entry-1317.html
201003102346TOP.jpg


CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 前のページ | ホーム | 次のページ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。