ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

今村昌平さん、お疲れ様でした。 2006-05-31-Wed

20060531031248.jpg

今村 昌平(いまむら しょうへい、1926年9月15日 2006年5月30日)
映画監督。東京都出身。筑波大学附属高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。
人間の欲望をユーモラスに描かせたら彼の右に出る人はいない。

『楢山節考』(1983年)『うなぎ』(1997年)で、
日本人で初めてカンヌ国際映画祭で二度グランプリを受賞。
『楢山節考』を出品した時はカンヌ映画祭を欠席し、
『うなぎ』の時は出席はしたものの受賞作を発表する前に帰国。

1975年、横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)を開校し、校長をつとめた。
三池崇史・佐々部清・本広克行などの映画監督、
鄭義信などの脚本家・芥川賞作家阿部和重などの人材を輩出。

「楢山節考」
捨てられることを神のもとに召されることだと喜ぶ老婆と、
母を捨てることに切なさを感じ戸惑う息子。

2人の姿を通し、自然への畏怖や人間との共生、
そして受け入れざるを得ない人間の業や運命といったものを、
アクの強い演出で描ききった巨匠・今村昌平監督の名作。
当時カンヌで「戦場のメリークリスマス」と熾烈な争いを経て見事グランプリを獲得。
20060531023758.jpg

「うなぎ」
男一人、女一人、うなぎ一匹。
不倫した妻を殺害した過去を持つ山下は出所後、千葉の小さな町で理髪店を開く。
うなぎだけが話し相手という人間不信の男が、
人々とのふれあいから新しい人生をきりひらいていく姿を描いた人情喜劇。
unagi.jpg


「セプテンバー11/おとなしい日本人」
2001年9月11日ニューヨークで起きた同時多発テロ事件をテーマに、
世界を代表する11人の監督が11分9秒の短編映画を競作するオムニバス映画。

◆監督◆サミラ・マフマルバフ (イラン), クロード・ルルーシュ (フランス), ユーセフ・シャヒーン (エジプト), ダニス・タノヴィッチ (ボスニア=ヘルツェゴビナ), イドリッサ・ウェドラオゴ (ブルキナファソ), ケン・ローチ (イギリス), アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ (メキシコ), アモス・ギタイ (イスラエル), ミラ・ナイール (インド) , ショーン・ペン (アメリカ), 今村昌平 (日本)
これが今村監督の遺作になってしまいました。
11_09_01.jpg



ペッタンコが大好きな今村作品
「女衒/ZEGWN」
今村昌平監督が壮大なスケールで描くライフワーク!
明治後期から昭和初期にかけて、”日本のため、大義のため”と
女を貿易して裸一貫で生き抜いた女衒・村岡伊平治の半生を描く。

こんな映画を堂々と撮れるのは今村監督しかいません。
女衒を演じる緒形拳も生き生きしてましたw。
20060531024741.jpg


「黒い雨」
原作は井伏鱒二のベストセラー小説「黒い雨」
原爆による“黒い雨”を浴びたたために人生を狂わされた一人の若い女性と
それを温かく見守る叔父夫婦のふれあい、
そして被爆後遺症に苦しむ人々の姿を静かに淡々と描いていく。
1989年カンヌ映画祭高等技術委員会グランプリの他、各国で高く評価された問題作。

主役は元キャンディーズのスーちゃん。叔父さん役の北村和夫も良かったなぁ。
暗い印象ばかりが先にたってしまうこの作品ですが、私は結構笑えるシーンもあって
ああ、今村節だなーと思ったのを覚えています。
20060531025655.jpg



昔カンゾー先生という作品で、日活撮影所に行った時、杖をついた今村監督が
歩いてきたので「お疲れ様です!」と言ったら素通りされて大ショック。
スタッフの人に「耳が遠いから多分聞こえてないよ」と言われビックリしました。
あれも、もう10年近く前の事なんだなー。

「狂喜の旅に出よう。今村昌平」と書かれた色紙は、今でも部屋に飾ってあります。
本当にお疲れ様でした。天国でも女衒のように女を追っかけまわすような
元気なおじさんでいて下さい(亡くなったばかりなのに失礼ですね、すいません)

スポンサーサイト

CATEGORY : 映画のこと。 Trackback 1 Comment 8 △Page Top

« 眠いっす・・・日本代表vsドイツ代表・親善試合/2-2 | ホーム | TWENTY FOUR Season4/最短27時間で終了 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 まざ | URL | 2006-05-30-Tue 07:03 [EDIT]

私のサイトにコメントありがとうございます。ここでは関係ない話ですが、この時間にってことはドイツ戦観戦のためですかね?(笑)

実際、私はサッカーフリークです。テレ朝のドイツ戦みたいと思います。

サッカーの記事も多いみたいなので、そういう風に思いました。間違ってたらごめんなさい。削除して結構です(^^♪

 ペッタンコ | URL | 2006-05-30-Tue 07:08 [EDIT]

まざさま

一言コメント面白いです。
「ワーキングガール」の「髪ボリューム大」とか。
W杯楽しみっすねー。
今からW杯時間に自分の体をならしつつあります。
また遊びに行きますんで宜しくです。

 ペッタンコ | URL | 2006-05-30-Tue 07:14 [EDIT]

まざさま

は!!!ドイツの親善試合これからなんですね!
教えてくれてありがとうございます!
スカパーでイングランド戦見てました・・・

 ウルフ | URL | 2006-06-01-Thu 19:09 [EDIT]


>ペッタンコさま

 今村監督作品をはじめてみたのは、
 『復讐するは我にあり』でした。

 三國連太郎のヤらしさや、緒方拳の
 ギラギラした感じは、思春期まっさかりの
 私には、ちと刺激がつよすぎました。

 今村監督作品に出会って、
 「日本ならではの風俗」だったり、
 「むき出しの欲望」だったり、
 「現実の残酷さ」だったりを学んだ気がします。

 すごい集中力でモノづくりされている
 その姿勢が、日本映画に継承されることを
 祈りつつ。

 とりとめもなく、長くなりましたが。。。
 以上です。


 ペッタンコ | URL | 2006-06-01-Thu 19:38 [EDIT]

ウルフさま

三國連太郎さんは本番で演技じゃなくなってしまう
くらいの迫力で女優さんがビビってしまうらしいですね。
緒方拳、好きだったのに最近全然映画に出ませんね。
多分最後に見た映画は「大誘拐」です。
ところでウルフさん、「陰日向に咲く」は読破しましたか?

 ウルフ | URL | 2006-06-02-Fri 02:00 [EDIT]


>ペッタンコさま

「陰日向に咲く」、読み終えました!

短編形式の連作、というスタイルは、
手ごろでとても読みやすかったです。

「陰日向に咲く」というタイトルも、
良く練られているな、と、読み終えたとき
素直に感じました。

私がいちばん好きだったのは、
ギャンブル依存のダメ男が主役の話です。

最後は、涙が出ました。

といった感想でした。
今日は2つも書き込んでしまいました。

あぁ、今夜はフグでも
食べたい気分です。。。

 robita3 | URL | 2006-06-02-Fri 20:15 [EDIT]

「神々の深き欲望」で、監督と沖山秀子が撮影中にベッドインしまくりで、たまらず逃げ帰ってしまったアラカン。
「ええじゃないか」の打ち上げでしごかれた監督にケンカを売った泉谷しげるなど、痛快なエピソードがたくさんある監督さんでしたね。
一番好きなのは、運営している学校が経営悪化したとき、学生たちにキャバレーやって運営資金つくろうともちかけたこと。
いいですね。女好き、欲望全開で生きるイマヘイ、大好きです。

 ペッタンコ | URL | 2006-06-03-Sat 00:49 [EDIT]

ウルフさま

昨日ウルフさんと同じ会社のAさんと飲みましたよ!
美味しいタバコを紹介してもらったので
これからコンビニに買いに行きます。
陰日向のギャンブル好き駄目駅員はいいですよね。
「悩みは決して負けじゃない。悩みは、まだ結果じゃなくて経過なんだよ」
という台詞で涙がほろほろ頬をつたいました。
フグ・・・いいですね。私は先程上トンカツを食べてご機嫌です。

robita3さま

本当に女好き、欲望全開な監督さんでしたね。
学生にキャバレーで働かせて運営資金作ろうとするあたり
彼なら全然違和感ありませんね。
それで一本映画が出来そうな感じです。


トラックバック

TB*URL

- 2007-09-30-Sun 03:55

管理人の承認後に表示されます [続きを読む]

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。