ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

ひとりの天才がそれを手にしてしまった~デスノート映画化 2006-03-26-Sun

19.jpg

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」

デスノートは多くの週刊少年ジャンプ作品とは一味違います。
最大のテーマとしては頻繁に使われる「ジャンプ三原則」の「友情・努力・勝利」という三大儀を、
とてつもなく歪んだ形で表現していることです。
「友情・努力を犠牲にしても、いかに相手を出し抜いて勝利するか」という物語性から、
週刊少年ジャンプに相応しくないとの意見が、一部の読者から寄せられているそーです。

ストーリーにおいては、主人公は犯罪者であり、悪役の視点で物語が進行している点。
悪役の視点で進行しながらも、読者も「一体感・達成感」を感じられる点。
(古畑任三郎みたいですね)
また、探偵側・犯罪者側どちらも、ただ自分の「信念」のために戦っている。
際立ったカリスマ同士のバトルであり、
読者もそれに魅了されていると言っていいと思います。

とにかく、「20世紀少年」以来、こんなに面白いマンガは久しぶりです。

なかなか終わらない「20世紀少年」~浦沢直樹
20.jpg

このマンガがすごいオトコ版一位の「PLUTO」~浦沢直樹&手塚治虫
20060326025123.jpg



ということで、この「デスノート」も当たり前のように実写映画化されます。
6月(前半)10月(後半)ロードショー。
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/?frompromo=movies_maintout_deathnote
P1010081.jpg



主な登場人物

夜神月(やがみ・ライト)
20060326010638.jpg

デスノートを用いて世の中の悪を一掃し、世界の神となることを誓った青年。
一般には「キラ」として認識されている。事実上の連続殺人犯。
端正な美貌と全国でも一、ニを争う知能、そして抜群の運動神経の持ち主。
警察庁刑事局長の息子であり、比較的裕福な家庭に育つ。
まさに「温室育ちの秀才」タイプの優等生。
実写版のライト役、藤原竜也(ぴったり!)

古畑任三郎スペシャルの犯人役を好演~藤原竜也君。
20060310004428.jpg

藤原君に関しては「演技が過剰だ」とか色々文句いう人も多いみたいですが、
「じゃあ他に誰がいるんだ」といいたくなります。
まず、今あの年代で役者と呼べるのは彼くらいしかいないと思います。
あと、原作でもライト君は十分演技過剰です。
(善人顔が突然悪魔顔に豹変するのとか藤原君の得意技だと思います)


L(エル) 探偵
20060326010706.gif

数々の迷宮入り事件を解決に導いてきた、
犯罪捜査の世界における影のトップであり、最後の切り札。
全世界の警察を動かせる唯一の存在。ただし、その素性等は一切明かされていない。
「エラルド=コイル」や「ドヌーヴ」といった世界的な探偵の名もまた、Lの別名である。
実写版のライト役、松山ケンイチ(・・・)

原作ファンをガッカリさせる天才~松山ケンイチ君。
20060319005804.jpg

えっと、松山くんに関しては「NANA]の実写版映画、美少年のシン役で
散々原作ファンから非難されていましたが、これでさらに非難が増しそーですね。
この「L」という人物は漫画だと目の下にクマがあるのが特徴なんですが、
なんと実写版では、松山くんの目の下にサインペンで描いたようなわざとらしいクマがあるそうで
それを見て殆どの漫画ファンがカッガリするそうです。



リューク 死神
20060326010650.gif

退屈をまぎらわすために人間界へとデスノートを落とした死神。
リンゴが大好き。

この役、誰がやるのか知りませんが、
私が監督なら絶対に遠藤憲一さんにお願いすると思います。
とにかく顔が似ています。
監督の金子さんは「あずみ2」で遠藤さんも使ってるし、いいと思うんだけどなー。

普段はかっこいいエンケンさん。
body02.jpg

世界一マルチーズが似合わない男、エンケンさんと愛犬のまめちゃん
20060326020910.jpg

スポンサーサイト

CATEGORY : 映画のこと。 Trackback 0 Comment 5 △Page Top

« サッカーダイジェスト~今節のMVP山田暢久 採点7.5 | ホーム | 長谷部誠は日本の宝~横浜Fマリvs浦和レッズ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 ウルフ | URL | 2006-03-27-Mon 16:46 [EDIT]


>ペッタンコさま

『デスノート』、オモシロいですよね。
画のキレイさに、ウットリします。

第2部以後、登場人物たちの活躍する
フィールドが広がり、アクションテイストも
倍増。ハリウッド映画っぽいです。

月(ライト)は、美しき悪。
彼に力を与えた死神は、醜い姿の道化者。
そして、月の好敵手は、闇に潜む光(ライト)。

ノートの本来の目的は、「記録する」ための
ものなので、この物語の最後に、誰の名前が
書きこまれるのか、興味のつきないところです。

長々と、失礼しました。




 透 | URL | 2006-03-28-Tue 04:20 [EDIT]

リューク役→遠藤憲一さん・・・笑
確かに似合いそうですね。
3DCGとかになったら凹むなぁ。。。

変なコメント失礼しました。ではでは。

 ペッタンコ | URL | 2006-03-28-Tue 07:58 [EDIT]

ウルフさま

こんちは!
映画の方は大特報しか見てませんがクオリティ高いんですか?
金子監督ならちょっとは見てみたい気がします。

「最後に誰の名が書かれるか・・・」
もしかして、月(ライト)君が自ら書いてENDとか
ありますかね。ちょっと鳥肌が立ちました・・・

透 さま

お久しぶりです。
初めてあのキャラクターが登場した瞬間から
リョーク=遠藤さんで読んでおりました。
結局誰が演じるのか分かりませんが
遠藤さんを超える人は多分いないと確信しています。

また美味しそうな写真を眺めに遊びにいきますので宜しくです!

 ウルフ | URL | 2006-03-28-Tue 16:18 [EDIT]

>ペッタンコさま
 
 >画のキレイさに、ウットリします。
 これ、映像ではなく、マンガの絵を
 指した表現でした。
 誤解を招く書き方をしてしまい、
 スミマセンでした。。とりあえず。

 ペッタンコ | URL | 2006-03-30-Thu 05:55 [EDIT]

ウルフさま
確か原作と絵は違う人なんですよね。
あんな緻密なストーリーを考えて
さらに絵も上手かったら異常ですよね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。