ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

続・走っています~がーん!レベル8 2011-01-28-Fri

前回までのお話→http://hanahana26.blog52.fc2.com/blog-entry-239.html


そう。悲劇が起きたのです。
会社から帰ってウエアに着替え、激寒の夜の街をケンケンと4Km走ってマンションに戻ると

がーん!鍵がない!


私は鍵を入れた筈のポケットを狂ったように何度もまさぐりまくりました。
そして見つけたのです。穴を。

先週買ったばかりの新品ウエア。まさかポケットに穴など空く筈がない。
しかしポケットだけアミアミのメッシュ素材だったため
多分走っているうちに鍵がメッシュをつんつんして破れてしまったのでしょう。
164594_139993429395274_100001538536429_228960_8093434_a.jpg

私は愕然としながらも無意識にツイートをしていました。

がーん!レベル8【ジョギング中に鍵を落としました】

そして少しづつ現実を受け入れ始め
「そうだ!アイフォンで音楽を聴いていたんだから電話できるじゃないか!」
(そもそもツイートをしていたんだからそこで気がつけばいいんですが)
と気づき、速攻管理会社に連絡をしました。しかし

「賃貸ではないので鍵を管理していません。鍵屋さんの番号を言いますのでそこに電話してください」

しかし、電話番号を聞いてもどうやってメモをしていいのか分からず暗記しようとしました。

0354325231


これが全然覚えられなくて何度も管理会社に電話して番号を聞きました。
最後は上4桁を暗記しアイフォンのメモに書き留め、
また電話して下四桁を暗記しメモに書き留め、
やっと鍵屋さんと電話が繋がりました。

鍵屋さんは言いました。

「到着まで40分くらいかかります」

がーん!がーん!がーん!

更には「この共有玄関はどうやって開けるんですか?」と尋ねると
「同じマンションの人が帰ってくるまで根気よく待っていて下さい」と言われました。

1月20日は大寒で一年で一番寒い日です。
犬がいるとはいえ、こんな寒い夜に何もしないで誰かが帰ってくるのを待っているのは無理がありました。
死にそうになりました。もうフランダースの犬状態です。
しかし、そこで助けられたのです。ツイッターに。
悲劇の日 1月20日(木)のtwilog → http://twilog.org/pettankoful/date-110120


寒さに耐えながらも折れずに長時間待てたのは、みんなと会話をしていたおかげでした。
(コメントをくれた方々、本当にありがとうございました)

しばらくして若い女性が帰ってきたので、一緒に共有玄関から入り
ケンケンと「おすわり」とか「ふせ」とか「まて」という陳腐な練習を繰り返しました。
やがて劇団ひとり似の鍵屋さんが七つ道具のような物をもって現れました。

劇団ひとりは家のドアの鍵を見るなり「これは鍵穴から開けることができない鍵です」
と言い、覗き穴から直角に曲がった棒を差し込み、
中のつまみを解除するという、なかなか凄いことをし始めました。
しかし、なかなか空きません。家は外階段で高速に面しているので風が強く、
仕方がないのでケンケンと非常階段を上り下りする、という運動を繰り返しました。
劇団ひとりが格闘すること約15分(30分くらいに感じました)やっと鍵が空きました。

この事件の被害総額15750円(税込み)

しかし、これに懲りることなく、その後も元気にケンケンと走り続けています。
週末も一緒に走ろうね!ケンケン!
IMG_0073.jpg


つづく`∀´)

スポンサーサイト

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 指南役さんとの出会い~グルメの会 | ホーム | 走っています。 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。