ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

あー、落ちてる落ちてる俺 2011-01-25-Tue

先日は、ちきりんさんの本のお話でしたが、
「ちきりんさん本を読んで~酔っぱらいと恋愛」→ http://hanahana26.blog52.fc2.com/blog-entry-236.html
今日はちきりんさんの本の帯でお薦めの言葉を提供していた堀江さんの本についてです。

『人生論』著者/堀江貴文(ちょっと古い本なので読まれた方は多いと思います)
IMG_6807_convert_20110124155047.jpg


私はホリエモンこと堀江貴文さんが正直あまり好きではありませんでした。

ツイッターで一度フォローしてみたんですが、発言は間違ってないのに、
なぜかいちいち感に障る。嫌いじゃないけど好きになれない。なのでフォローをするのを止めました。

しかし、ちきりんさんお薦め本に、この『人生論』があって、
ちきりんさんの簡素な紹介文がまた
『おもしろかった。みんなこういうのを読んでもっと自由になった方がいいと思う』的な軽い表現だったので、
とりあえず色眼鏡は外し、あまり深く考えず『文庫で安いし読んでみっか』みたいなノリで購入しました。

読んでみて、人間性はともかく、私はこの人を誤解していたのかも、
と読んで数ページで感じました。

なんと人に届く文章だろう、と素直に思ったんです。
本を書く=人に物事を伝える、という作業で大切なのは、
やはり『いかに届く文章が書けるか』だと思います。もちろん内容が一番大切なんですが。

更に、私を支え続けている『諸行無常』という言葉を、
私と同じくらい自分の原点にして考えている、という部分で好感が持てました。

先日紹介したちきりん感に通じるモノが多いんですが、

川を船で降りてる時突然滝が現れ、船ごと滝に落ちちゃった。
そんな時『苦しい、死んでしまうかもしれない』ってもがくんじゃなくて、
『川なんだから滝もあるよなー』とか『あー、落ちてる落ちてる俺』くらいな気持ちで
受け流した方が苦しくないなんじゃない?と堀江さんは言っています。
あの彼が言うんだから相当説得力がありますね。

ちょっと投げやりになって自暴自棄になっちゃうのは、
実はいいストレス発散方法だ、というのは、先日書いたちきりんでいう
『酒飲んで通常の半分くらいの思考しか使わずに、流れに身を任せる』
というのと似ています。

更に『流れに身を任す』というのは、世間の波に流されるのではなく、あくまでも自分だけの波のことです。

私は『ポジティブシンキング』って、今や死語に近いと思っています。
無理にポジティブに考えたり、何かを失わないために必死にしがみつくのは痛々しく、
逆に頑張り過ぎてヘトヘトに疲れはて、
鬱病になったり不のスパイラルに巻き込まれるだけなような気がします。

人はリセット機能もあるし、細かいことは忘れてしまう都合のよい生き物です。
しがみつかず、自分の流れとうまく付き合って、人生という娯楽を楽しみたいですね。

あ、そう言えば堀江さんは「農林水産業以外の仕事はみんな娯楽なんだ」
って書いてました(極論過ぎますが)。

因みに糸井さんは『ままごと』と表現していました。
itoi.jpg

ままごとでも結構。

仕事は娯楽。そう考えれば人生観も変わって、ちょっと楽に生きられるかもしれません。
糸井さんだって「たのしいぞー」と言っているではありませんか。

そうやって、この梅雨空のような時代を、
少しでも軽やかに愉快に生きていきたいものです。

つづく







スポンサーサイト

CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 走っています。 | ホーム | ソーシャルネットワーク »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。