ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

「生きているだけで死にそうになる」~劇団ひとりの「陰日向に咲く」 2006-03-13-Mon

陰日向に咲く/劇団ひとり (著)~幻冬舎
20060312234857.jpg

帯のコピー
「ビギナーズラックにしては上手すぎる。あと二冊は書いてもらわなきゃ」
恩田睦(作家)


劇団ひとり
1977年千葉県生まれ。父の仕事の関係で幼少期をアラスカで過ごす。
1992年デビュー。コンビ「スープレックス」を結成するが2000年に解散。
総勢10名のキャラクターを演じる一人芝居で注目される。



よく遊びにいくブログで紹介されていたので、さっそく近所の本屋に行って
「劇団ひとりの短編集を探しているんですが」と店員さんに告げると
店員さんはどこからかこの本を持って来て言った。
「これはエッセイですよ」。

・・・・多分劇団ひとりが小説など書くはずがない、と思ったんでしょーね。
勝手に決めないで欲しいです。

最近、あまりにも本の知識がない店員さんが多くて困ります。
一応プロなんだから、話題作くらいは知ってて欲しいです。
因みに先日違う書店で「向田邦子さんの”眠る杯”を探してるんですが」
と尋ねると、メモとシャーペンを差し出し「ここにもう一度著者名を書いて下さい」
と言われ愕然としました。だって向田邦子ですよ!
お昼にランチを食べに行って「今日のお薦めパスタは何ですか?」
と聞いたら「少々お待ち下さい」と慌てて厨房へ逃げ帰るバイト君に似ています。

話が脱線してしまいました。「陰日向~」に戻ります。
えっと、正直ビックリしました。
劇団ひとりという芸人にまったく興味がなかったのですが
こんなに才能がある人だとは知りませんでした。
突然絵を描きだしたジミー大西級の驚きです。
20060312235022.jpg

これは一見短編集に感じるのですが、読み進んでいくうちに
計算された長編群像劇である事が分かります。
各章で話は一応完結するんですが、実は各短編同士を微妙にリンクさせているんです。
そしてリンクして始めて一つの作品に仕上がっている。
ひとりさん、デビュー作からいきなり映画化を意識して書いたのでしょーか。
すでにそんな話も持ち上がってるみたいですね。
劇団ひとり処女小説 争奪戦激化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060301-00000020-spn-ent

内容の方ですが、要約すると「負け組みたちの弱々しい叫び」。
私が一番すきな第二章「拝啓、ボクのアイドル様」では
アイドルに貢ぎ過ぎてホームレス寸前の生活を送っている若者がこうぼやきます。
「生きているだけで死にそうになる」
「デパートで服を買うためには、まずデパートで服を買うための服を買わなくてはならないらしい」

しかし第四章「Overrun」では、
ギャンブルで借金苦の駅員が、駅のホームで泣いている少女にこう言います。
「俺にも悩みはたくさんあるぞ。でもな、思うんだ。
人生はギャンブルだ、すべてに勝ち負けがあるんだ。
でも悩みは決して負けじゃない。悩みは、まだ結果じゃなくて経過なんだよ

まったく売れない芸人、夢もないのに無理やり夢を語るフリーター
ホームレスに憧れるビジネスマン、ストリップで世界平和を訴える女・・・
この物語には最近流行の「ニート」に属する人は一人も登場しない。
皆それぞれにどん底状態ではあるのですが、それなりに働いていて、必死に生きている。
そして必死で生きているのにも関わらず幸せになれない事に腹を立てている。

勝ち組・負け組という言葉は、誰が聞いても気持ちの良いものではありませんが、
「負け組も勝ち組も経過に過ぎない。諦めるな、結果はまだ出ていない」
というメッセージがこの本からは伝わってきます。

同じような手法で伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」という名作がありますが、
本作はラッシュ~をもっと簡単にして敷居を低くしてあげた、という感じです。
思わず噴出したかと思えば、次の瞬間には涙を流している。
そして最後は清々しい気持ちで本を綴じる事が出来る、そんな本。


ラッシュライフ~伊坂 幸太郎 (著)
並走する五つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。
バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。
新潮ミステリー倶楽部賞受賞第一作。

20060312235112.jpg




ランキングに参加中です
スポンサーサイト

CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 5 Comment 13 △Page Top

« 心の傷に時効はない~宮崎あおいが十代最後に出演を熱望した映画「初恋」 | ホーム | 伊丹十三よ! »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 goleador14 | URL | 2006-03-12-Sun 04:05 [EDIT]

こんばんは。
この本、話題になってますよね。

「ラッシュライフ」は凄い好きな作品なので(というか、伊坂幸太郎の作品はほどんど好き)、劇団ひとりの小説も読んでみようと思います。

 ペッタンコ | URL | 2006-03-12-Sun 04:25 [EDIT]

goleador14 さま
こんばんわ!伊坂さんはいいですよね。
なんというか・・・古新しいところが好きです。台詞も粋だし、人間臭いし。
ひとりさんはこれからも書き続けるんでしょーか。
今まで気にもとめてなかったのですが
今後の活動を期待します。
最近リリーさんといい、マルチ人間の活躍が目立ちますね。

 ちばりおパパ | URL | 2006-03-12-Sun 11:15 [EDIT]

TB,コメントありがとうございました。
今後は周りに後押しされて突貫工事的な薄っぺらい小説を出すようなことはせずに、マイペースで練りに練った作品だけを出して欲しいですね。。。

 やさぐれ映画日記 | URL | 2006-03-13-Mon 02:08 [EDIT]

おじゃまします、私はこの本毎日一章ずつ寝る前に読み進めております、なんだかもしかしたら劇団ひとりの罠にかかっているかも知れません。それでわ。

 k-8bit | URL | 2006-03-13-Mon 02:24 [EDIT]

遊びに来ていただきありがとうございます。
後々、帯のコピーに納得してしまいました。出てくる人々がなんだか自分が生きている世界とそう遠くない感じがいいです。
ラッシュライフはまだ読んでないので読んでみます。面白そうだし。

 しのこ | URL | 2006-03-13-Mon 02:47 [EDIT]

はじめまして!
トラックバックありがとうございました。
陰日向、面白いですよね!!
私も「拝啓、・・」が一番好きです。
ドロ子最高!
それにしても、この本をエッセイと言った店員さん、おいおい・・って感じですね(^-^;)
ちゃんと仕事しようよー。。

 イロドリイス | URL | 2006-03-13-Mon 12:32 [EDIT]

トラックバックおよびコメントありがとうございました。とてもとても素敵なブログですね。これからも遊びに来させていただきます。

 irodoriisu | URL | 2006-03-13-Mon 22:49 [EDIT]

GAGAの記事にコメントを寄せていただいたのを拝見してとても嬉しかったです。が!何をうっかり押してしまったのか削除してしまった模様です。本当にすみません。大変失礼しました。
とても失礼な事態なのですが、もしよろしければまたお声を寄せて頂ければと存じます。

今後ともよろしくお願いします・・・。

 ペッタンコ | URL | 2006-03-18-Sat 07:58 [EDIT]

ちばりおパパさま
ですね。突貫工事は避けて頂きたい。
これからのひとりさんの活動に期待です。

やさぐれ映画日記さま
この本に出会えたのはやさぐれ様のおかげです。
本当にありがとうございました。
これからもちょくちょく遊びに行きます。

k-8bit #mQop/nMさま
ラッシュライフは基本サスペンスなんですが
結局描きたかったのは人間だったんだなーと読み終わって分かりました。
「ラッシュ」という言葉が持つ様々な意味が
それぞれの登場人物と重なっていて、
ホントによく計算された作品です。
読んだら感想をUPして下さい!また遊びに行きます。

しのこさま
ホント、ドロ子最高っす。あれは普通の作家では書けないですね。
私も「ドロ子最高!」の書き込みがしたい。

イロドリイスさま
最近仕事の合間によくお邪魔してます。
とっても素敵なブログですね。
イデーの家具は、引越しでソファを探している時に友人から進められました。
(引越しにお金がかかってしまい、結局購入は諦めましたが)。
今ローテーブルを探しているので今度こそボーナスで購入しようと思っています。
あ、あとGAGAさんのコメントはもしかして私が間違えて消してしまったのかも。
改めて書き込みさせていただきました。
(余計な記事をTBしてしまい申し訳ありません)
また遊びに来て下さいませ。

 侍小町 | URL | 2006-04-01-Sat 17:33 [EDIT]

こんにちは。
TBありがとうございました。反応おそくてすみません><
わたしも、伊坂幸太朗、大大大大大好きです!!!
「ラッシュライフ」は伊坂作品ベスト1・2を争います。争っているのは「死神の精度」です。
今、「終末のフール」を読んでいます。ペッタンコ星人さんはお読みになりました?
あ~でも、「重力ピエロ」もいいですね。「砂漠」も「魔王」も…「アヒルと鴨のコインロッカー」もいいし…
やっぱり決められませんね^^;

劇団ひとりに戻りますと、次は、彼のお笑いのネタもぜひぜひ見ていただきたいです^^
この本のキャラクターがちょっと濃くなって、さらに好き嫌いの別れる玄人好みエスカレートした感じと言えばいいのでしょうか。そんなネタが多いです^^;


 ペッタンコ | URL | 2006-04-02-Sun 07:12 [EDIT]

侍小町さま

こんばんわ。
断りもなく勝手にTBしてしまいました。申し訳ありません。
伊坂さんはいいっすよねー。初めて読んだのが
「重力ピエロ」でした。彼の作品はホッコリしてて癒されます。

 ウルフ | URL | 2006-05-14-Sun 22:29 [EDIT]


>ペッタンコさま

今更なのですが、「陰日向に咲く」、
読み始めております。
ウルフです。

言葉のフレーズひとつひとつが
短いセンテンスなので、非常に読み易いです。

ただ、一気読みにいたらず。
ついつい仕事のことや、ほかのものに
浮気してしまいます・・・。

・・・でも!面白いですよね。
(上の文章の続きだと、説得力半減ですけど)

読み終えたら、感想を書き込みます。

 ペッタンコ | URL | 2006-05-17-Wed 06:37 [EDIT]

ウルフさま

陰日向~読み始めたんですね。
「拝啓ボクのアイドルさま」をウルフさん主演で映像化したいです。
今度俳優時代のウルフさん作品を見せてください!(本気)


トラックバック

TB*URL

陰日向に咲く群青日和 2006-03-25-Sat 01:56

陰日向に咲く劇団ひとり「映画化の権利を巡って争いが起こっている」というまことしやかな噂を小耳に挟んだ。孤高の芸人・劇団ひとりの処女作。一体、どれ程のものなのか。一人の人間を様々な人々の視点で巧みに描いた一品。読み始めたときは、人のリンクを使ったオムニバス  [続きを読む]

劇団ひとりAWKEL 2006-03-14-Tue 00:03

劇団ひとりに関するblog:[映画][レビュー][アニメ][ドラえもん]映画の感想はここからだッ!!好きなものバトン+゚電車男  [続きを読む]

陰日向に咲くみーよろぐ 2006-03-13-Mon 23:38

陰日向に咲く劇団ひとりなんとなく面白そうだったので、衝動買いして読んでしまいました[:嬉しい:]内容は短編集なのですが、その話の登場人物が、全部微妙につながってる・・という構成です。感想は・・面白かったです(笑)笑わせる部分と、ほろりとくる部分があるのですが  [続きを読む]

秋の夜長にフッチボル・アレグレ とか 2006-03-13-Mon 10:11

今日は、最近お気に入りの小説家についてです。 Seesaaのほうへ引っ越してきて以来、「映画とか本とか」のカテゴリが(0)のままってのが気になっていたんですよね。 引っ越してくる前に野沢尚の『龍時』について書いたところ、意外と反響もあったので(2人ほど買って読  [続きを読む]

小説『陰日向に咲く』(劇団ひとり 著)を読みましたFather's Garage ブログ 2006-03-13-Mon 08:03

 劇団ひとりの小説『陰日向に咲く』を読みました。。。 好き嫌いがはっきりしそうな内容でしたが、ちばりおパパにとっては大変面白い内容でした。 映像化権をめぐって争奪戦が行われていることが納得できます。映像化するともっとよくなりそうな気がします。(監督により  [続きを読む]

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。