ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

今一番見たい映画「鷹の爪」について 2007-03-11-Sun

Flashによる制作で話題のアニメ「秘密結社 鷹の爪」が劇場映画化!
監督・脚本・キャラデザ・録音・Flash・編集・声の出演などを
ほとんど個人レベルで制作したとてもバカバカしい作品

映画『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~』
公式サイト→http://www.kaeruotoko.com/movie/
20070311183520.jpg

東宝シネマズのマナー告知でもお馴染みの秘密結社「鷹の爪」が遂に公開されます!
「鷹の爪団」劇場版マナー動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=o_X0GKW_Nko

本編スタッフだった人の情報によると、常にスクリーンの右下に制作費のメーターがあるそうで、必要以上に効果音が派手になったりCGに凝ったりするとメーターが振り切れたりするそうです。同時上映は、前方後円墳女子高生(古墳GAL)のコフィーと同じ学園に通う古墳仲間たちの日常を描く「古墳ギャルコフィー」。素晴らしい二本立てですね。
20070311190514.jpg

■秘密結社 鷹の爪 TV版 第1話 前編
「参上!鷹の爪団」ムービーはこちらから↓
http://www.do-dle.tv/movie/2006/10/post_13.html
■古墳ギャルのコフィー TV版 第1話 前編
「ダニエルの受難」ムービーはこちらから↓
http://www.do-dle.tv/movie/2006/10/1a.html
今、とっても暇な人はこちらも是非見て下さい↓
http://www.youtube.com/results?search_query=%E7%A7%98%E5%AF%86%E7%B5%90%E7%A4%BE+%E9%B7%B9%E3%81%AE%E7%88%AA&search=Search




秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~』あらすじ
資金難にあえぐ世界征服を目論むベンチャー秘密結社 鷹の爪団は、
大家の執拗な家賃の取り立てから逃れるため、ついに夜逃げを決行。
ところが、うっかり勢いあまって宇宙空間に飛び出してしまう。
宇宙空間で途方に暮れる鷹の爪団を救ったのは、
巨大な宇宙実験施設ピースボールだった。
救助された総統は、そこで23年前に生き別れた愛息
「和夫」と瓜二つの青年「和夫」と出会う。
いま明らかになる衝撃の息子との再会! 
そして一度は倒したはずの最強最悪の敵、フェンダーミラーの復活!! 
果たして彼らは、再び世界を救うことができるのだろうか!?
20070311184131.jpg

↓前列左から、総統、吉田、レオナルド博士。後列左からフィリップ、菩薩峠。
22_photo_takanotume_3.jpg

・総統…秘密結社「鷹の爪団」総統。
秘密結社「鷹の爪団」の総統。かなりバカ。何故か世界を征服したがっているが、
臆病で気が弱く、さらに涙もろい為いつも作戦は失敗。

・吉田くん…秘密結社「鷹の爪団」戦闘主任。
鷹の爪団の戦闘主任。島根県出身。総統に忠誠を誓うものの、
いざと言うときは普通に裏切る大胆さ。島根出身のアイデンティティを保ち続けている。

・フィリップ…秘密結社「鷹の爪団」戦闘員。
スキンヘッドで、全身に刺青を入れた気の弱い青年。
TVシリーズで下された死の宣告が今回現実に!!

・レオナルド博士…秘密結社「鷹の爪団」のマッドサイエンティスト。
見た目は熊だが、本人はそのつもり無い。
何故か江戸っ子口調。メンバーの中では最も凶悪。

・デラックスファイター…正義の味方
その生活もデラックスなら、必殺技もためらうことなく繰り出す姿もデラックス。
かなり物欲も強く、鷹の爪団との戦いの多くは「示談金交渉」。
2500020020456-3.jpg

「THE FROGMAN SHOW」
2006年4月~6月にかけてテレビ朝日系列で全11回にわたり放映されたアニメ番組。
「秘密結社 鷹の爪」と「古墳ギャルのコフィー」の2本から構成される作品で、
監督・脚本・キャラクターデザイン・録音・Flash・編集・声の出演など、
制作のほとんどをクリエイターのFROGMANひとりでこなしたことや、
地上波テレビシリーズをFlash制作したことなどが話題となった作品。
今回の劇場映画もFlashで作られており、Flashによる劇場映画は世界初の試みとのこと。
http://www.tv-asahi.co.jp/frogman/
スポンサーサイト

CATEGORY : 映画のこと。 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« Jリーグ ディビジョン1 第2節 新潟vs浦和 | ホーム | 「当たり前の事を考える」という大切さ。 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

flash作品ですね kinpon | URL | 2007-03-11-Sun 01:53 [EDIT]

今さっきテレビでこの映画の宣伝やってました。ちょっとした衝撃が俺の中で駆け巡ります、劇場公開って…そんなバナナ…でもよくよく考えれば十分ペイできるような気もするし、これを機会に世界中のFLASH職人がその気になってくれれば面白い作品が次から次へ現れそうですね、俺は昔FLASH5を買ってすぐに挫けました。

kinponさま ペッタンコ | URL | 2007-03-11-Sun 02:16 [EDIT]

金だけはかかっているつまらない映画よりは、断然こっちの方が魅力的です。東宝シネマズのマナー告知のラスト「さすが東宝シネマズ、踏んだり蹴ったりですね」「それをいうなら至れり尽くせりじゃないのかね吉田くん」は何回見ても笑えます。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。