ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

「当たり前の事を考える」という大切さ。 2007-03-06-Tue

ガッカリしています。本の内容にガッカリしたのではなく、
「やっと出会えた」と思えた人が既にこの世にいない、という意味で。

『14歳からの哲学』池田晶子著/トランスビュー/1200円 
人は14歳以降、一度は考えておかなければならないことがある
今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」のための教科書。
「言葉」「自分とは誰か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」
「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマで考えるきっかけを与える。(アマゾンより)
お願いだから読んで下さい(ペッタンコより)
sdf.jpg

偽物ばかりが横行する今の世の中を生きていくのは本当に大変だ。
でも、偽物の人生を生きて死ぬよりは全然大変なことじゃない。
だから本物の人間になろう。
君は、君だけは本物を見抜ける本物の人間になろう(本物と偽者p128)


自分の中でモヤモヤと渦巻いていた違和感が、この本を読んで吹っ飛びました。
決して「正解」が書いてある本ではありません。「正解」を探すために
人間は考えなければいけない。情報に頼ってばかりではいけない。
情報は「知識」ではない。ただの情報を自分の知識にするために
人は考えなければいけない、という当たり前の事を今、いかに人は忘れているか…
広辞苑で思いっきり頭をぶん殴られた気分です。そうか、そうだったよね、と。

久々に折れ目だらけ。2時間にして新品の本はボロボロになりました…
070306_0202~0001.jpg



題名こそ中学生向けですが、これはある程度物心がついた人間全員が
読まなければいけない本だと思いました。不思議に思う→考える→知る
という当たり前の事を、最近多くの人が放棄している気がします。
何でも正解を知りたがる、正解を誰かが投げかけてくれるのを待っている。
もしそれが正解じゃなくても、世間がそう言っているなら正解だと思ってしまう。
なぜなら、その方が楽だから。でもそんな人生で本当に満足できるのでしょうか。

因みに池田さんは「絶対に間違えがないのは古典なんだ」と言っています。

古典は、考える人類が、長い時間をかけて見抜いた本物、本物の言葉なんだ。
消えていった幾千の偽物、人の心に正しく届かなかった偽の言葉の群のなかで
なぜその言葉だけは残ってきたのか、はっきりと分かる時、
君はいにしえの賢人たちと等しい知識を所有するんだ。
これはネットでおしゃべりするなんかよりはるかに素晴らしいことじゃないか。
(メディアと書物p136より)


メディアの策略で流行している本やドラマ、音楽、映画、ライフスタイル…
この世には本物と偽物が同じ土俵で同じ顔をして並んでいる。
それを見抜くのは大変だけど、見抜いた時の喜び、それを人と分かち合って得る共感、
そして「もっともっと本物に触れてたい」という好奇心。
それこそが自分の人生を豊かにするものなのだなぁ、と思いました。

最近問題になっている「いじめ」「自殺」等については、
つまらない友達と無理して一緒にいるのではなく
まずは自分で孤独と向き合う事から始める、自分と対話しようと投げかけています。


本当の友情を知るということは、人生のひとつの喜びだ。
うわべの付き合いだけの友達の多さなんかより、たった一人でも
君はそういう友達を見つけるのがいい。
大丈夫。そう思っていればそれは必ず見つかるよ。
それまで君は自分の孤独を、うんと豊かにして待っているんだ。
だって、そうでなければ素晴らしい友達が現れた時、
君は彼に答える事が出来ないじゃないか(友情と愛情p101)


…すべて大人に通じる事ばかりです。
むかし何かのコピーで「中学生は大人のはじまり」というのがありましたが
自殺したり、周囲に溶け込めなくて悩んでいる人は子供だけではありません。
池田さんは「悩むのではなく、考えよう」と言っています。
考える事と悩むことは別なのだと。

考える、という当たり前の事が、今とても大事なのかもしれません。

スポンサーサイト

CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 4 △Page Top

« 今一番見たい映画「鷹の爪」について | ホーム | 池田晶子さん4本立て »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 ウルフ | URL | 2007-03-05-Mon 21:46 [EDIT]

>ペッタンコさま
 
 久しぶりに書き込みます。ウルフです。
 池田さんの説に同意します。
 気がつけば、「考えているフリ」ばかりの日々。

 ペッタンコさんのレビューだけで、
 胸に突き刺さってくるものがあります……。
 

ウルフさま ペッタンコ | URL | 2007-03-08-Thu 15:50 [EDIT]

ウルフさんも是非読んでみて下さい。なにも解決しませんが、それこそが答えなのかもしれないと思ったりしました。難しい哲学用語はまったく出てこないので全くストレスを感じずにスルスル自分の中に入っていきますよ!

こんばんは。 Carolita | URL | 2007-03-11-Sun 02:55 [EDIT]

いい本ですね。ぜひ探して読んでみたいと思います。
大人にだって、教科書が欲しい時がありますよね。
この本は、そんな存在になってくれそうな気がします。
ペッタンコさん、教えてくれてありがとう~。

Carolitaさま ペッタンコ | URL | 2007-03-11-Sun 03:15 [EDIT]

最初はシンプルな難しさに少し混乱しましたが
徐々に読みやすくなっていきました。本当にお薦めです!

この本を読んで、本物を見極める目をもっともっと養わなければ!と改めて感じました。この本に出会うのもこんなに時間がかかってしまった…自分の知らない「本物」がまだまだ世の中にはたっくさんあるんだなーと思うと焦ります。。。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。