ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

推理小説と日本手ぬぐいの関係について。 2006-10-17-Tue

日曜の夕方、急に「脳男」に続くサスペンスが読みたくなり
大急ぎで新宿の紀伊国屋へ向ったのですが、
途中、なぜか手ぬぐいを3本も買ってしまいました。
taoru.jpg

私、手ぬぐいの程よい大きさと質感が大好きなんです。

ペッタンコの手ぬぐい使用方法

汗をぬぐったりする他に、大好きなカレーライスやラーメンを食べる時は
服にお汁がかかるのを防ぐため前掛け代わりに使用します。
温泉にいったら勿論頭の上に乗せます。
仕事で気合が必要なときは鉢巻にもします。
お風呂で長時間本を読む時は汗が顔に落ちてこないよう
ヘアバンド代わりに使用したりもします。
そう考えると小説と手ぬぐいは「セット」という事になるのかもしれません。

「投球手習帳てぬぐい」~飲み屋などでネタが無くなった時に便利な手ぬぐい。
baseball.jpg



読書の必需品を購入し、やっと新宿南口にある紀伊国屋に到着。
ここは広くて楽しいのでついつい余計な本に手が出てしまいます。
baburu.jpg

左「バブルの肖像」 /都築 響一 (著)
右「ぐっとくる題名」 /ブルボン小林 (著)
これは最近面白い本をガンガン教えてくれる知人に紹介されたもので
まだ2~3ページですが最初からかなり当たりな予感がする本です。
もったいないから全部読んでから感想を書きます。


さて、肝心の推理小説ですが、
雫井脩介という作家の「虚貌」という小説を購入予定だったのですが、
「雫井脩介」という名前を度忘れして、探すのに1時間半もかかりました。
なぜか「推理小説は講談社」と勝手に決め付けてしまったのがいけなかったようです。
結局幻冬舎文庫から出ていました。見つかって本当に良かった・・・。
P1010300.jpg

「顔」という題材を、多面的に描いた快作「虚貌」~雫井脩介:著
あらすじ(アマゾンより)
二十一年前の一家四人放火殺傷事件の加害者たちが、何者かに次々と惨殺された。
癌に侵されゆく老刑事が、命懸けの捜査に乗り出す。
恐るべきリーダビリティーを備えたクライムノベルの傑作。


リーダビリティーって何?という事で調べてみました。

リーダビリティー (Readability):文章の読みやすさ
 1) 手書き文字や活字の大小、種類、組み方等による見やすさ (legibility)
 2) 文章の内容の面白さや楽しさによる読みやすさ
 3) 語彙の難易、文長等の文体による読みやすさ


名前を忘れてしまうくらいなので雫井さんの本は全く読んだことがなかったのですが、
こんなに読みやすく、筋運びの面白さで読者をひきつける作家だったとは思いませんでした。
もう、上下巻だというのにお風呂で手ぬぐい頭に巻いて一気読みです。
推理小説としては「バカも~ん!あれがルパンだ~!」(By銭形警部)
的なトリックが使われていて、賛否両論みたいな噂も聞きましたがペッタンコ的には全然OK!
小さいとき「怪人二十面相」が好きだった人は間違いなく楽しめます。
ただアンフェアだという事は認めざるを得ないので(これが可能ならなんでもアリになってしまうし)
アガサクリスティの「アクロイド殺し」が許せない人は絶対に駄目な気がします。
ただ、そういう屁理屈抜きで面白かった。やっぱりエンターテイメントは最高っす。

さて、著者の雫井さんは私と同い年なんですが、本文に何気なく登場する
ルパン三世や怪人二十面相、スター・ウォーズ、ブラック・ジャック等が
小道具として使用されている部分も同世代としては共感してしてしまいます。

旧ルパン・・・再放送を何度見たことか。「二セルパンを捕えろ!」が一番好きです。
lu001.jpglu002.jpglu003.jpg

著者同様、バブル崩壊後の新卒者たちは社会に出て
子供の頃から教えられてきた「成功の方程式」が何一つ通用しない事を知り
「既存のもの」を疑うようになった、と解説のナンタラさんが言っていました。
推理小説の「伝統」は尊重するけど継承するだけじゃ生き残れない・・・
そんな危機感からこの作品は生まれたような気がします。


さて、今回の小説で一番心に残る台詞は、謎の精神科医の北見が
醜形恐怖症になってしまった朱音に語る台詞。

~顔などというのは実のところ、すべて仮面だと思っています。
ただ、あなたが強く生きたいのであれば、覚えておいてください。
笑顔に勝る仮面はないという事です。


本作は顔に深いコンプレックスを持っている人が沢山登場します。
なんとなく「バニラスカイ」を思い出しました。

当時2回も劇場で見てしまった「バニラスカイ」。
これも「アンフェア」反対派が多く賛否両論でしたが、私は◎。
vanila_sky.jpg

という事でこの日買った豆絞り手ぬぐいは
お風呂でかいた汗でグチャグチャに(文庫本も湯気でグチャグチャに)。
いい仕事してくれました。今ベランダでヒラヒラ風に揺られています。
スポンサーサイト

CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 1 Comment 0 △Page Top

« Jリーグ ディビジョン1 第28節~浦和vs川崎 | ホーム | 脳男はイッパイいっぱい »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

- 2007-10-21-Sun 07:42

管理人の承認後に表示されます [続きを読む]

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。