ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

悩める独身映画・3本立て 2006-09-24-Sun

3sakuhinn.jpg

昨夜は9時からDVDで一気に3本映画を鑑賞しました。
こんなのプー太郎以来初めてです。たまには自宅で3本立てもいいなぁ。

1本目~21時start「イン・ハー・シューズ」
監督 カーティス・ハンソン
出演/キャメロン・ディアス 、トニ・コレット 、シャーリー・マクレーン 、
227039166_97[1].jpg

ルックスは最高だけれど責任感ゼロで問題ばかり引き起こす妹マギー。
弁護士というキャリアを築いてはいるけれど、自分を押し殺してきた姉ローズ、
そして、「娘の死」をきっかけに、二人の孫に会えなくなってしまっていた祖母のエマ。
そんな3人の「自分らしい人生」と「自分にピタリと合う靴」をうまくリンクさせ、
抜群の相乗効果を発揮した爽やか感動作。最近流行のベタベタ感がないのも嬉しい。
(監督さんは男性なんですが、日本の男性にはイマイチ分かり辛いかも)
inhershoes1.jpg

ペッタンコの感想
ルックスしか誇れないマギーが、盲目の教授に出会い詩を朗読するシーンは
まだ中盤ながら涙しました。
あと、大好きなシャーリー・マクレーンが、とってもシャーリー・マクレーンだったのが嬉しい。
娘を亡くし、孫の面倒をみるおばあちゃん役をやらせたら、彼女の右に出る女優はいない。
何となく向田邦子の香りがする物語でした。



2本目~0時30分start「アルフィー」
監督 チャールズ・シャイア
出演 ジュード・ロウ 、マリサ・トメイ 、オマー・エップス 、ニア・ロング 、ジェーン・クラコウスキー
それにしてもこのポスター…なんだろう、どっても胸焼けがする。
20060924152008.jpg

ジュード・ロウがあらゆるタイプの女性をトリコにするプレイボーイに。これがドンピシャのハマリ役。
寂しい人妻から、シングルマザー、年上のビジネスウーマンなど「俺の手に落ちない女はいない」と意気揚々と恋愛ゲームを楽しむ姿は、女性と敵とはいえ、チャーミンングなロウの魅力満載。
相手役の女優もマリサ・トメイ、スーザン・サランドンと演技派が揃っているので見応え十分。
またアルフィーが本気で恋するニッキーを演じるシエナ・ミラーはこの映画でブレイク。
ブリジット・バルドーを彷彿させる妖艶な色気で独特の存在感。
監督は『花嫁のパパ』のチャールズ・シャイア。
art6.jpg

ペッタンコの感想
「アルフィー」はリメイクで、オリジナル版はマイケル・ケインが主役だったとか。
当時は時代背景も手伝って、けっこう重い映画になってしまったそうで、
単純にリメイクしても、コケるだけだと思ったのか、
現代版のアルフィーには殆ど重さは感じませんでした。
ただ感情表現はしっかり出来ているし、飽きさせない映像処理は見ていて勉強になりました。
かなり前、リチャードギアの「アメリカンジゴロ」なんて映画もありましたが、
この手の映画は多分、男と女がいる限り、何百年、いや、何千年先も作られていくと思います。


3本目~3時start「アバウト・ア・ボーイ」
監督 クリス・ワイツ 、ポール・ワイツ
出演 ヒュー・グラント 、レイチェル・ワイズ 、ニコラス・ホルト 、トニ・コレット
20060924152033.jpg

ロンドンに住む38歳のウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、
亡き父がヒットさせたクリスマス・ソングの印税のおかげで仕事をせずに暮らしている。
そんな彼は頑なに独身主義を貫いていたが、シングル・マザーをナンパしようとして知り合った、
学校でいじめられている12歳の少年マーカスにつきまとわれるようになる。
精神未成熟な独身男性が、悩み多き少年と出会うことで人生の意味を発見していく
「ブリジットジョーンズ~」のスタッフが贈るハートフルドラマ。
boy2.jpg

ペッタンコの感想。
ジゴロのバカ男映画2本目、トニ・コレット出演作2本目、
ということで3作品が頭の中でグルグル回転しながらも、
なんとか最後まで鑑賞することが出来ました。
そんなに期待していなかったので意外と面白かった。
イギリスの俳優で「精神未熟な38歳の独身男」を演じられるのは
ヒューグンラントしかいないでしょうね。10年後はジュード・ロウでしょうか。


安売りしていたのでついつい買ってしまった3本でしたが、
見事3本とも悩める独身人間が主人公でした。
そして、どの映画も「みんな誰かの支えを必要としている」という
当たり前の結論で終わっていました。
その当たり前なところが、最近難しくなってきているのかもしれません。
私も自分を支えてくれる、いろんな人たちを、これからも大切にしなければ。

さて、こういうテイストの映画はもうお腹いっぱいなので
そろそろ24の新しいシーズンに突入しようかなぁ。

スポンサーサイト

CATEGORY : 映画のこと。 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 怖いのか微笑ましいのか~伊坂幸太郎「死神の精度」 | ホーム | この物語の父母に決して共感してはならない~踏み絵のような物語「赤い指」 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 amy | URL | 2006-09-24-Sun 21:49 [EDIT]

おぉ~、3本立てですか。
3本ともワタシ大好きな作品!
なんかこういう系のってぐた~っとしてても見れるから
いいですよね。
ヒュー・グラントはこの役とLove Actuallyの首相役が
すっごいはまってましたねえ、久々に見てみようかな。

 ペッタンコ | URL | 2006-09-25-Mon 21:49 [EDIT]

amyさま

Love Actuallyは良い映画だったなぁ。劇場に2回も見に行きました。
ブリジットジョーンズのスタッフの映画はみんな面白いっすね~


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。