ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

この物語の父母に決して共感してはならない~踏み絵のような物語「赤い指」 2006-09-19-Tue

東野圭吾 著「赤い指」
20060907045345.jpg

ある日、平凡なサラリーマンが仕事を終え帰宅すると、
庭に少女の死体が転がっていた…。
殺したのは引きこもりがちな自分の息子。さあどうする?

A息子を警察に連れていく。
B一家心中する。
C息子の罪をかぶり自分が自首する。
D息子を殺して自首する。

…いろいろ考えましたが、この物語の主人公(父親)は
『息子を警察につれていく』でも『一家心中する』でもなく、なんと
『呆けた自分の母親に罪をかぶせる』というなんとも恐ろしい選択でした。
地獄という場所があるならまちがいなくファーストクラスで地獄行きです。

この愚かな家族と平行して、東野作品ではお馴染、
加賀刑事の家庭も同時に描かれていきます。
こっちの家族は事件と直接的な関わりあいはないので、
この辺で『ああ、作者は現代家族の暗い現状は表向きで、
本当は家族のあり方が書きたかったんだな』という事がわかります。

宮部さんの『名も無き毒』を読み終えた時
「やりっぱなしだ!」とかなり腹を立てましたが、
東野さんはそうではなかった。
ちゃんと希望をくれた。正しい道を示してくれた。
この作品のラストは、数ある東野作品の「最後の一行」の中でも、
かなり上位なんじゃないでしょうか。

私の好きな東野作品の「最後の一行ベスト」はこの二つ。
20060919043300.jpg20060919043318.jpg

あまり語るとネタばれになるので控えますが、この本はよみ終えた後、
埃だらけの家族のアルバムをひもときたくなる、そんな物語でした。
親でも子供でもいい、『家族』という形を知っている総ての人が読むべき本だと思います。
題材が重いからか、文体をわざと軽くしてあるようなので、
思ったより軽く読めます。
臭いモノに蓋をするように、ずっと読みたくないと思っていたのですが、
蓋を明けて良かったと改めて思いました。

お正月は家族で旅行にいこう!明日実家に電話しないとな。

スポンサーサイト

CATEGORY : 小説のこと。 Trackback 0 Comment 6 △Page Top

« 悩める独身映画・3本立て | ホーム | 直木賞受賞作その弐「風に舞い上がるビニールシート」 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 ウルフ | URL | 2006-09-18-Mon 23:44 [EDIT]


>ペッタンコさま

 “家族のあり方”は、多くの人が背負い、そしてまた、
 逃げ出せない(立ち向かうべき)テーマですよね。

 赤い指に飛びつこうと思っていましたが、
 『宿命』から読んでみようと思います。

 ペッタンコ | URL | 2006-09-18-Mon 23:59 [EDIT]

ウルフさま

ホントっすね。あと、今日新聞で読んだんですが、「問題児の陰には問題親の陰あり」という社説で、今の親御さんはとんでもない事を学校の先生に要求するそうです。たとえば、小学校で生徒の携帯電話を教師がとりあげると、親が「代りに日割りで電話代を払え!」と怒ったり、1学期の授業カリキュラムを勝手に親が作成し「この通りにやらなければ子供を学校に行かせない」と抗議したり。子は親を見て大人になる、と言ったら大げさかもしれませんが、なんでもかんでも人のせいにする子供が増えたのは、何でもかんでも人のせいにする親が増えたから、といってもいいのかもしれません。
ところで宿命、いいですよ、「最後の1行」が特に。

 goleador14 | URL | 2006-09-19-Tue 01:56 [EDIT]

トキオは面白いですよね。東野作品にしては結構異色な部類だと思いますが。
下の直木賞作品と、宿命は読んでみます。

goleador14 さま ペッタンコ | URL | 2006-09-19-Tue 15:11 [EDIT]

トキオは確かに面白いけど異色な部類ですね。
トキオの主人公(トキオの父)は素直になれない人の典型だったような(すっごいイライラしました!)。とにかく作者はあの、最後の一行のために物語を書いたとしか思えません。宿命…いいっすよ。カッコイイです。

こんばんは ショウ | URL | 2006-09-20-Wed 01:15 [EDIT]

「赤い指」読まれましたか。
この本、家に持って帰ってもらってたのですが(部屋が東野さんの本だらけなので)ペッタンコさんの記事を読んで、どうしても最後の一行が思い出せず、気になって仕方なかったのでまた持ってきてもらいました。
加賀親子の話が本当に良かったですよね。あれから加賀シリーズをほとんど買ってしまいました。過去の作品もとても面白いですね。
私が初めて読んだのは「さまよう刃」だったと思いますが、これも良かったです。

…こんなおぞましい父母に共感する人はいないと思いたいですが「こういう現実」もあるかもしれませんね。だからこそ生々しく感じて目を逸らしたくなり、加賀親子の話に救われてホッとするのかも。

>この辺で『ああ、作者は現代家族の暗い現状は表向きで、 本当は家族のあり方が書きたかったんだな』という事がわかります。
おっしゃるとおりですね!

ショウさま ペッタンコ | URL | 2006-09-20-Wed 02:35 [EDIT]

うわ!わざわざ持ってきてもらったんですか!!思わせぶりな書き方をしてしまって申し訳ありません!!!
最後の一行、というよりは最後の終わり方が粋だ、という事なんですけど、ラストのカギカッコの台詞が、それまでの残酷な物語と違い、とても優しさに満ち溢れていてポロポロ泣いてしまい、余計に印象深くなってしまったみたいです。ホントすいません。
ところで加賀刑事は一体何作東野作品に登場してるんでしょうね。練馬署の一刑事なのに、すんごい大物になってしまった気がしますが、彼が出てくると凄く安心するんですよねぇ。
加賀作品で好きなのは「眠りの森」「悪意」、短編集だと「嘘をもうひとつだけ」なんかが好きです。
あと、やはりこれはかなり楽しませてもらいました→http://hanahana26.blog52.fc2.com/blog-entry-18.html
ああ、東野さんの話題になると止まらない。
今日はここいらへんでやめときます。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。