ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

W杯も本番ですね!決勝トーナメント1回戦その5プラスα 2006-06-29-Thu

決勝トーナメント1回戦最後の2試合…録画でやっと観戦(号泣←2試合目)
○ブラジル3-0ガーナ●
ロナウド(5分)アドリアーノ(46分)ゼ・ロベルト(84分)
20060629015346.jpg

ロナウドはこの試合で、ワールドカップ本大会での通算15ゴール目を挙げ、
ゲルト・ミューラーが保持していた最多得点ゴール数14の記録を更新した。
もし決勝まで進んだとして、彼の記録はどこまで伸びるのか楽しみです。
当分誰も敗れないんでしょうね。
それにしてもブラジルは決勝戦に向けて着実に「調整」しているようです。
まだまだこんなモンじゃないんじゃないですか。

W杯の通算得点ランキング

ロナウド(15)
ゲルト・ミュラー(14)
ジュスト・フォンテーヌ(13)
ペレ(12)
シャンドル・コチシュ(11)
ユルゲン・クリンスマン(11)
ヘルムート・ラーン(10)
テオフィロ・クビジャス(10)
ギャリー・リネカー(10)
グジェゴジ・ラトー(10)
ガブリエル・バティストゥータ(10)



○フランス3-1スペイン●
スペイン:
ダビド・ビジャ(28分、PK)
フランス:
フランク・リベリー(41分)パトリック・ビエラ(83分)ジネディーヌ・ジダン(92分)

きょう引退することにはならなかった。しかも挑戦はまだ続く。byジダン
20060629015624.jpg

2008年のUEFA欧州選手権はたぶん自分にとって
最後の国際大会となるので良い結果を出したい byラウル
20060629015705.jpg

スペインはやっぱり、ここらへんで消える運命なんですね。
もう少し見たかったので残念です。でも、もう少し見たい、でいえばジダンも同じなので。
それにしても96年オッサンチームは頑張ってますね。
クリントイーストウッドの「スペース・カウボーイ」という映画を思い出しました。

スペースカウボーイ
出演:クリント・イーストウッド, トミー・リー・ジョーンズ

20060629015736.jpg

40年前に断ち切られた宇宙への夢を再び実現させる4人の男たちの物語を描いた、
クリント・イーストウッド監督・製作・主演のSFアクション大作。
高齢とはいえまだまだ枯れぬと、恋や友情のエピソードもきちんと描かれた
おじいちゃんたちの青春映画。

ところでグループリーグの時から気になっていたんですが、
リベリーって選手全然知りませんでした。

フランク・リベリー(オリンピック・マルセイユ)
2季前まではフランス3部リーグでプレー。
素行不良からチームを離れ、道路工事で日銭を稼いだ事もあった。
昨季マルセイユで活躍し5月末にW杯に滑り込んだ苦労人。
ニコラス・ゲイジに似ている。
20060629021608.jpg

とりあえず、私は日本国歌の次にフランス国歌が好きなので、
また「ラ・マルセイエーズ」が聞けるのは嬉しいです。
フランス国歌↓
http://8chan.dyndns.org/uploader/src/up0299.mp3_L3OkWGdKMniFtwt7jsVe/up0299.mp3

しかし、この歌、実は歌詞が恐ろしいんです。

フランス共和国国歌「ラ・マルセイエーズ」 “ LA MARSEILLAISE ”
作詞・作曲:ルジェ・ド・リール

“ Allons, enfants de la Patrie, Le jour de gloire est arrivé. ”
(さあ、祖国の子供たちよ、栄光の日がやってきた)

“ Contre nous, de la tyrannie, L'étandard sanglant est levé, ”
(我らに向かって、暴君の血塗られた御旗がはためいている)

“ L'étandard sanglant est levé. ”
(血塗られた旗がはためいている)

“ Entendez-vous, dans les campagnes, Mugir ces féroces soldats? ”
(戦場で、どう猛な兵士たちがうごめいている音が聞こえるか?)

“ Ils viennent jusque dans nos bras, Egorger nos fils, nos compagnes! ”
(息子や仲間たちの首をかっ切りに、ヤツらは我らの元へとやって来ている)

“ Aux armes, citoyens, Formez vos bataillons! ”
(武器を取れ、市民たちよ、そして軍を組織せよ!)

“ Marchons, marchons, Qu'un sang impur Abreuve nos sillons! ”
(進め、進め、あの汚れた血を我らの田畑に飲み込ませてやるのだ)


恐ろしい続きでこの事件。

伊トッティ決勝PKゴール、タイで殺人事件に発展
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060628-00000123-reu-spo
スポンサーサイト

CATEGORY : サッカーのこと。 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« ペッタンコそっくり選手権 | ホーム | W杯も本番ですね!決勝トーナメント1回戦その5 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 Gradi | URL | 2006-06-28-Wed 12:30 [EDIT]

フランス、負けると思ってたのに調子上げてきましたね。
ジダンはいっそ優勝したら引退撤回ぐらい言って欲しいです(ぇ

Gradiさま ペッタンコ | URL | 2006-06-28-Wed 18:56 [EDIT]

ホント、引退してしまうなんて信じられませんよねぇ。でも、それをモチベーションにしているからこそ、3点目が入ったのかもしれませんね。それはそうとロナウジーニョはブラジル国民から非難されているようです。勝ち続けてるにも関わらず…さすがサッカー大国、勝つだけじゃダメなんですね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。