ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

おめでとう浦和!悲願のJ1初優勝  2006-12-03-Sun

Jリーグ ディビジョン1 第34節(最終節) 
浦和レッズVSガンバ大阪

2006年12月02日(土) 14:03 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 62,241人 晴 上川徹
20061203185352.jpg

浦和レッドダイヤモンズ3-2ガンバ大阪

21分 マグノ・アウベス
27分 ポンテ
44分 ワシントン
59分 ワシントン

78分 山口智



ずーっとチケットを確保してもらっていたのにも関わらず、
当日仕事で行けなくなってしまい泣きながらテレビ観戦。
ガンバに3点差つけられない限り浦和の優勝、という条件にも関わらず、
21分にマグノのゴール(なのかなー闘莉王のオウンゴールに見えたんですが)
が決まった時「まさか…」といつものように不安がよぎったんですが、
そんな心配をこの人が救ってくれました。
20061203185515.jpg

ガンバのプリンス宮本がスローインの目測を見誤ってくれたお陰で浦和がカウンター。
ワシントンからポンテとつなぎドリブル突破から左隅に決め同点。
いやー浮き沈みのあるポンテでしたが、最後に底力を見せてくれました。
キドはマグノの先制を「一発殴られて目が覚めた」と言ってましたが、
どちらかというとポンテの一発で目が覚めたんじゃないかと思います。
20061203185634.jpg

更にロスタイムに入る直前の44分、プリンス宮本がマークしていたポンテが
左サイドを破りワシントンにマイナスのパス、
これをワシンがダイレクトで合わせて逆転。
(あの一発が決まった瞬間のシジクレイの顔は忘れられません)
そんなシジクレイが後半肉離れでピッチ外へ。彼がいないあいだに
アレックスのクロスを、プリンスに競り勝った闘莉王がぴったり頭で合わせ
ゴール前で待っていたワシントンへ。決定的な3点目。
ガンバはシジクレイがいなくなってマークがずれてしまったんでしょうか。
ワシントンは完全にフリーでした。
ここでガンバの戦意は完璧に消失してしまったと思います。

さて、後半の後半ギドの好みでどんどん選手交代。
試合は戦いからお祭りへ変わっていきました。

73分 三都主アレサンドロ→田中達也
83分 平川忠亮→岡野雅行
83分 ポンテ→坪井慶介

達也は髪に変なメッシュを入れている。似合ってないなーと思ったら
アレックスが抜けた左サイドにそのまま入っていた。とっても違和感。
相馬は悔しかっただろーなー。来年だよ来年!来年は絶対に君が必要だ!

岡野が入る前「wa are reds」コール。ちょっと涙。
↓14年間レッズを支えてきた赤い人々。
hata.jpg

ダメダメな時代はサポから10円玉を投げられた事もある岡野。
お荷物チームは今や強豪、初の年間王者は目前。嬉しいだろーなー。

ペッタンコ一口メモ…優勝後の岡野のコメント
「今年は連敗しなかったし、いい感じで戦ってきた。
こんな時期に浦和に帰ってこれて僕のサッカー人生はおいしい。
984.jpg


その後、ワシントンが家長のユニフォームを掴んで無駄な警告をもらうも
深くすばやくお辞儀をして謝罪。
サポーターは残り時間を楽しんでいるように見える。
ベンチに下がったポンテもアレックスと一緒にホイッスルがなる前から
太鼓を叩いて踊っている。ガンバの選手はさぞかし悔しかっただろう。

そして長い長いリーグ戦が終わるホイッスル。やったぁぁぁぁ!
最後まで攻める気持ちを忘れなかったガンバにもありがとうと言いたい。
セカンドの時は負けて優勝、微妙な空気が駒場を包んだけど今回は違う。
勝って優勝は本当に本当に気持ちいい。
20061203190241.jpg

「ウラワレッズハイチバンデス!」
知っている日本語を全て使い果たしたブッフバルト監督。
彼は3年間でレッズを強豪チームにしてくれました。

きっとギドは来年、闘莉王をドイツへ連れていってしまうんだろーなー。
ブッフバルト監督は闘莉王と帰国?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061203-00000010-spn-spo
アレックスも来年こそプレミアへ挑戦するだろうし、
来年も強い浦和でいてくれる保障は何もありません。
でもまだまだ活躍できなかった相馬、細貝、赤星など
これからの浦和を背負ってくれる選手が沢山いるので期待しています。
(監督は誰になるんだろーなー。オジェックも候補にあがっているそうです)


その後、浦和の街
という事で現地観戦出来なかった鬱憤を浦和の街で発散するため
電車に飛び乗りました。すでに赤羽駅くらいから赤い人口が増え始め
浦和駅に着いたら浦和サポーターであふれ返っていました。

↓浦和駅の様子
http://www.mocovideo.jp/movie_detail.php?KEY=MuSy7mAl_L0

ロータリー前
061202_1907~01.jpg

伊勢丹
061202_1907~02.jpg

「力」の前はセカンド優勝の時も危険地帯だったので行きませんでしたが
今回も大変な事になってたみたいですね。2人くらい逮捕されたらしいです。
浦和サポ暴走!ビールかけ注意され警官暴行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061203-00000119-sph-soci&kz=soci
馬鹿ですねー。ほんとに。

平和なときの「力」
20061203190852.jpg

8時を過ぎると発炎筒で街が赤くなっていきます。
20061203190951.jpg


海外のメディアも取材に来てました(カメラを向けるクルーの人たち)
20061203191027.jpg

因みにサポのコールで一番多かったのはキャプテン山田暢久!
「アーレーやまだーララーラララーララー♪」
彼のコールの時だけはオバサンのペッタンコも混じって一緒にラララ♪
↓山田暢久の無回転ロングシュート@新潟戦(全然関係ないけど一応)
http://www.youtube.com/watch?v=7v8FH4cgBYk
↓23節広島戦山田GOAL(全然関係ないけど一応2)
http://www.youtube.com/watch?v=Mkmz0Cjr8bo&search=%E5%B1%B1%E7%94%B0%20%E6%9A%A2%E4%B9%85%20%E6%B5%A6%E5%92%8C%20%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA%20%E6%96%B0%E6%BD%9F%20nobuhisa%20yamada%20reds%20urawa

ということで深酒したい気持ちもありましたが
セカンド優勝の時、泥酔して記憶を失ったのを教訓に
今回はおとなしく終電前には電車に乗りました。

号外を貰い損ねたので翌日の新聞。
20061203191104.jpg



でも、優勝してペッタンコが一番泣いたのはナビスコ決勝でした。
オフト監督、あなたが育ててくれたレッズは強くなりましたよー!
20061203191545.jpg

スポンサーサイト

CATEGORY : サッカーのこと。 Trackback 4 Comment 13 △Page Top

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。