ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

記憶を失う映画について。 2006-04-26-Wed

最近、記憶を失う映画が多いような気がするんですが
やはりきっかけはこの映画からでしょーか。


メメント
出演: ガイ・ピアース, キャリー=アン・モス, その他
監督: クリストファー・ノーラン
20060426035451.jpg

「メメント」とは「記憶」を意味することばである。
この映画の主人公は記憶障害によって、10分間しか記憶を保つことができない。
そんな彼は何を信じて、どう行動すればよいのか?…記憶障害の感覚を、
まるでロールプレイングゲームの様に疑似体験できる作品。

コピーは確か「メメント、それは記憶喪失の疑似体験」
(とってもいいコピーだと思います)

この映画は渋谷のシネクイントで見た気がします。当時凄い行列でした。
最初の30分くらい、映画の法則が分からずボーっと見てたんですが
途中から「あーそうなんだ、時間が逆に進んでるんだ」と分かった瞬間
急に巻き戻ししたくなりました。リピーターが多いわけですね。



そして去年、切な過ぎる記憶喪失映画がアカデミー賞を受賞。
エターナルサンシャイン
出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、イライジャ・ウッド
監督:ミシェル・ゴンドリー「ヒューマンネイチュア」
脚本:チャーリー・カウフマン「マルコヴィッチの穴」
アカデミー賞最優秀脚本賞受賞(アカデミー賞の中で一番信用できる賞)
20060426035640.jpg

恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。
そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。
「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないように-」。


公開当時のコピーは「さよならの代わりに記憶を捨てた」

これ、最初ノースーパーで見たので意味が全然分からず途中で熟睡してしまいました。
が!後日スーパー入りで鑑賞し終わった時はただただ呆然として
気が付いたら六本木から表参道まで歩き続けてました。
最後がドンデン返しなので見てない人に話すとネタばれになってしまうし
早く公開して誰かと感想を語り合いたい、と思ったものです。
監督が「マルコヴィッチの穴」 のチャーリーカウフマンなので
きっとキッチュでマニアックな映画に違いないと思っていたんですが、
こんな切ない映画も撮れるんですね。見直しました。

倦怠期に突入し決定的な喧嘩をしてしまった直後、
クレメンタインがすっぱり記憶をなくして次に向かおうとしたのに対して、
ジョエルはなかなか忘れられずイジイジとしているのが、
男と女の関係を上手く表現しているなーと思います。
倦怠期のカップルが見ると手をつないで劇場から出てこれるような作品だけど
反対にホカホカのカップルは少し気まずくなる可能性があります。

原題は「ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 」といいます(長い)。
この題名は、映画の中でもとりあげられる17世紀のイギリスの詩人、
Alexander Pope(アレクサンダー・ポープ)の『エロイーザからアベラールへ』
からの引用で《真の幸福は罪なき者に宿る》という部分なんだそーです。
さすがミシェル・ゴンドリー、メインタイトルまで凝ってますね。

まだ見ていない人はクレメンタインの髪の色に注目。
現在と過去が交差する複雑な時間軸の中で、髪の色が唯一の目印になってます。


そして去年、なんだか凄くヒットしてしまった韓国映画
「私の頭の中の消しゴム」
出演: チョン・ウソン, ソン・イェジン, その他
監督: イ・ジェハン
20060426035859.jpg

彼女がすべての記憶をなくしていきます。
名前も、歳も、そして愛していた僕さえも。


これは「シネマギャガ」という名前に変る前の映画館「渋谷ジョイシネマ」で見ました。
本当は「イン・ハー・シューズ」が見たかったんですがギリギリで終わっていたので仕方なく・・・
とても良い映画だとは思うんですが、くどいんですよねー最後とか。
ファミリーマートで家族が店員に扮してるのとかどーなんでしょーか。
「ここは天国ですか?」「いや、ファミリーマートです」と言いたくなりました。

それにしてもアルツハイマーってホント、残酷な病気です。
年取ったらある程度思い出にすがって生きていくしかないと思うんですが
それすらなくなってしまう(それも徐々に)、そして本人がその事実を自覚してる、
というのが惨いです。
かつて「このミステリーがすごい」で一位になった「半落ち」という物語も
アルツハイマーになってしまった奥さんが
「息子の命日も忘れてしまうなんて母親じゃない。殺してくれ」と泣き叫び
泣きながら妻の首に手をかけてしまう夫の悲しいお物語でした。
こんな残酷な病気があるのかと思うと神様なんていないんだなーと思ったりします。

話は消しゴムに戻りますが、
最後の方は所々から鼻をすする音が輪唱のように聞こえてきました。
一緒に見ていた友人はハンカチを持ってきてなかった為、大変な事になってました。
(反対側に座っていた男の子は熟睡してました)


記憶をなくしたことがきっかけで、全ての人が幸せになる映画
マジェスティック
出演: ジム・キャリー, マーティン・ランドー
監督: フランク・ダラボン 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』
20060426040041.jpg

1950年代のハリウッド、新進脚本家ピーターは、非米活動委員会から
共産主義者の疑いをかけられた直後、交通事故で記憶を失い、ある町へとたどりつく。
そこで彼は映画館「マジェスティック」館主ハリーの息子であり、
戦場で行方不明になっていた第2次世界大戦の英雄ルークと間違えられてしまう。


独りの老人の「勘違い」が、一度は死んだ街を蘇らせ、人々が幸せになる、
これは人間の再生と勇気を謳いあげた素晴らしい作品だと思います。
(特に最後の公開裁判のシーンがいかにもアメリカ映画っぽくて好きです)。
なぜかあまりヒットしなかったんですが同じダラボンのヒット作「グリーンマイル」よりずっと名作。
作風は「ポケット一杯の幸福」「素晴らしき哉人生」のフランク・キャプラ風でしょーか。
最近感動してないなーという時見る映画の一本です。

最近では「博士の愛した数式」とかありますね。
見てませんがどーなんでしょ。
20060426040715.jpg

第一回本屋大賞(2004)受賞の小川洋子さんの同名の小説が原作。
交通事故により、80分しか記憶がもたない数学博士(寺尾聰)。
博士の下に、身の回りの世話をする新しい家政婦がやってきた。
深津絵里演じる若き家政婦は、ルートとあだ名される少年を育てるシングルマザー。
「君の靴のサイズはいくつかね」博士と家政婦とルートの静かにも暖かい日々が始まる。

スポンサーサイト

CATEGORY : 映画のこと。 Trackback 1 Comment 11 △Page Top

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。