ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

CL準決勝~何となく順当な1st leg 2006-04-21-Fri

ミラン対バルサ(サンシーロ)
0-1(得点ジュリ)
実況・八塚さん 解説・ヒロミ


バルサは1994年以来のUEFACL決勝に大きく前進。
ミランは今シーズン、ホームで初黒星。


とにかく眠かったです。なにせ3時半キックオフですから終わるのは朝・・・
しかし、ある意味決勝よりもこのカードの方が観る価値がありそうなので
仕事を切り上げ、タクシーをすっ飛ばしてギリギリ間に合いました。

バルサはメッシの長期離脱とラーションの負傷、デコの出場停止などで
台所事情が厳しそうですが、対するミランもインザーギが風邪でダウン。

最近大爆発だったインザーギ(34才)は熱でぶっ倒れる
20060421022018.jpg

リーグ戦で怪我をしてしまったラーション(35才)やはり歳には勝てないのか
20060421021352.jpg

しかしバルサのFW三番手に留まっていたジュリが
ラーションに代わって価値ある素晴らしいゴールを決める。
ボールをもらうジュリの動きは完璧だった。
20060421014854.jpg

ミランはインザーギの代役、ジラルディーノが決められなかったのがきつかったです。
ピッポ不在でせっかくのチャンスだったジラルディーノ
20060421014906.jpg

ジラルディーノは前半早々の振り向きざまのシュートが入っていれば
あの試合の英雄になれたかもしれませんね。
あーいう時に決められない、日本代表FWのようなプレーをしてしまうと
本物の仲間入りは難しいんでしょう、きっと。
それに比べてジュリはW杯代表に大きく近づいたんじゃないでしょーか。

あとはやっぱロナウジーニョですね。大一番でも楽しそうにプレーしてました。
ヒロミも言ってましたがジュリに贈ったパスはもう「ここしかない」という感じ。
彼からボールを奪えなかったガッチャンはガッカリ(一度は奪ったんですけどね)。
私が好きなのは63分、カウンターで右にジュリ、左にエトウがいて
「どっちに出すのかなー」と思ったら自分で打って、それもポスト直撃。
あーいう発想&技術はやっぱり見ててドキドキしますよ。
本物を見るってほんと有意義ですよね。後半も楽しみです。

ただカンプノウでミランが一点入れてしまえばイーブンですから
まだまだ分かりません。ひゃー楽しみだなー。

欧州と世界の年間優秀選手に相応しい、超一流のパーフォーマンスを見せてくれたロナウジーニョ。
20060421015152.jpg


アーセナル対ビジャレアル(ハイバリー)
1-0(トゥレ)
実況・倉敷さん 解説・粕谷

ハイバリーで行われる最後の試合だったみたいですね。
この試合の存在自体忘れていて、先ほどやっと再放送で見ました。
倉敷さんの解説はマニアックだけど分かりやすくて好きなんですが
粕谷さんはどーも通な業界人ぶってて好きになれません。
なんとなくバブリーなテレビ局の単細胞なプロデューサーのようで
聞いてて恥ずかしくなる事もあります(本人も不良キャラを自覚してるんでしょーね)

まあ、そんな事はどーでもいいんですが、アーセナルがあまり好きじゃないので
あまり熱く観戦する事が出来ませんでした。
リケルメが好きなのでビジャレアルを応援すればいーとも思ったんですが
決勝でビジャレアル対バルサってちょっとつまんなくないかなーと。

遅れてきた天才~リケルメ
20060421015429.jpg

噂では聞いていましたが、この試合は審判のレベルが低くて
観ていてどんどんテンションが下がっていきました。
一応CLの準決勝なんですけどね。あーいう人選って誰がやるんですかね。
なんだか独りで熱くなってしまう変な男でした。車運転させたら事故りそうタイプ。
あんな奴に文句を言ってイエローを食らったリケルメ・・・はーもったいない。

そして羽中田さんいわく「ビジャレアルの回し者」リス(複数)の登場。
ビジャレアルサポの命令通りピッチを走り回り試合は一時中断。
ロンドンではリスが奈良の鹿のようにウロウロしているのか・・・。
ロンドンを徘徊するリス。
20060421015503.jpg

見所は審判とリスと倉敷さんというこの試合。
ビジャレアルは負けはしたものの1-0の折り返しは計算のうちだったのかもしれない。

ビジャレアルのマニュエル・ペジュグリーニ監督(殺し屋)
20060421015542.jpg



ここでまったく関係ないですがバラックがモウリーニョ一家の一員になりました!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060420-00000624-reu-spo
20060421015632.jpg

スポンサーサイト

CATEGORY : サッカーのこと。 Trackback 2 Comment 11 △Page Top

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。