ペッタンコ星人

ペッタンコ星人の日記です

プロフィール

ペッタンコ星人

Author:ペッタンコ星人
東京都池田山
映画の予告篇を作ってます

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

久世光彦さん死去~また1つの時代が終わってしまった 2006-03-04-Sat

久世さんが死んでしまいました。ショックです。
リリー・フランキー氏のベストセラー「東京タワー」映画版の演出を担当する予定だった、
という記事を読み更にショック。
「東京タワー」だけは映画化して欲しくないと思ってましたが
久世さんなら観てみたいなぁ・・・と今更思いました。

最近は100%と言っていいほど日本のドラマを観なくなりましたが
(最後に観たのは「東京ラブストーリー」)
小・中学生の頃はよく観てました。
特に「時間ですよ」「ムー一族」なんか大好きでしたね。
あの時代にしては、かなりトリッキーな演出家だったと思います。
革命的だったのは「ムー一族」を生で放送した時。
海外ドラマ「ER」も生放送の回があったけど、あれは観てる方もドキドキするんですよね。
寺内貫太郎では壮絶な親子喧嘩、毎回セットを壊しまくってました。
「時間ですよ」では麻田美代子に「赤い風船」とか歌わせて大ヒットしちゃいました。
あ、樹木希林と郷ひろみのユニットで「リンゴ殺人事件」とかもありましたね。
懐かしいなー。

しかし、ざん新な演出とは裏腹に、本当に大事にしていたのは
「家族や近隣との連帯など、日本人が忘れてはならないもの」を描き続けること。
「寺内~」も核家族が常識となり、父権が消失されていく世情を
向田さんと憂いて作り出された(サンケイスポーツ)


そうそう、そうなんですよね。
作家としては「一九三四年冬-乱歩」で山本周五郎賞を受賞してましたが

私が作家、久世光彦に出会ったのは「触れもせで~向田邦子との二十年」。

「やめろと言われても~講談社文庫」竹中さん…邪魔です。

向田さんの明るく元気な表情の裏に隠された孤独を、
久世さんの暖かい眼差で綴っていました。
触れもせでの続編、「夢あたたかき」のあとがきでは、
向田さんの事をこんな風に表現しています。

向田邦子の中には2人の才女がいた。与謝野晶子と山川登美子である。
1人は髪が乱れるのも怖れず、目を輝かせて奔る女であり、いま1人は引っ込み思案で、
どうしても人を傷つけることのできない伏目がちの女であった。
そんな2人の女をこっそり胸の中に抱えていたから、
みんなに好かれ、頼りにされ、いまでも暖かく思い出されるのだ。
これは向田邦子の幸せである。
しかし、最後まで2人の女のどっちにもなれなかったのが、
向田邦子の人生の不幸だった~あとがきより


きっと今頃天国で、向田さんと再会している頃でしょう。
「もう来ちゃったの?意外と早かったわね」なんて言われてそうです。
久世さん、本当に本当にお疲れさまでした。寺内貫太郎のDVD買います。




ランキングに参加中です

スポンサーサイト

CATEGORY : その他のこと。 Trackback 1 Comment 7 △Page Top

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。